読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポンサーリンク

君の名は『亀ゼリー』。美容と夏バテに効果がある漢方デザート

Yummy

『亀ゼリー』

ずっと気になっていました。

 

『亀ゼリー』

 

名前は知っていたのですが、怪しさバツグンなネーミング。中国の食べ物で、漢方などの素材が含まれたものであろうと予想はついていました。

 

少し前にテレビ番組で中国人の高齢者を取り上げていて、健康で肌がきれいな理由はなぜか、なんていう内容だったのですが、その中で『亀ゼリー』が紹介されていました。みなさん元気で若々しい。その訳は亀ゼリーにあり、ということでした。

 

「よし! とにかく体に良いみたいだから買って食べてみよう」

 

と、思い立って近所のスーパーに探しに行きましたが、こんなマイナーな食品が見つかるわけがなく、かといってわざわざ横浜中華街に行こうとも思わず。

 

合羽橋で発見

そんな中、先日、友人と合羽橋に行ってきました。合羽橋は飲食業をはじめるひとのためにありとあらゆる品物が揃う場所です。サンプル食品なんかも売っています。

その日は天気もよく、浅草寺に行ってから合羽橋へと向かいました。平日の昼間でしたが、やはり浅草は人気があり、さまざまな国の人が訪れていました。

 

昼過ぎから夕方まで合羽橋を散策。友人は天ぷら鍋を買い、色彩が印象的な食器を大人買い。

わたしは何も買わず、手ぶらで散策が終わりかけたその時、

 

「発見!」

 

中国雑貨店の前を通ったときに缶詰の亀ゼリーを見つけました。

 

1缶240円。3缶で600円。

 

お得な3缶の爆買いをしようと思ったのですが、リスク回避で1缶購入。友人は、

「うげー。中華料理店で出てくるニガそうなやつだよね。よく買うね。食べたら教えてね」

と、興味があるのかないのか、という反応。

 

そして後日、食べる日がきました。

 

実食

f:id:wabisukenouta:20170115203749j:plain

 

亀ゼリー

缶は裏表? があり、漢字とローマ字で書かれています。

亀ゼリーは正式には『亀苓膏(きれいこう)』といいます。中国語では「グイリンガオ」と発音するみたいです。日本では『亀ゼリー』の通称で呼ばれています。

 

中国に住んでいるわけではないので詳しくはわかりませんが、中国の食べ物といっても中国南部の香港や広東省などでよく食べられているようです。

 

『亀ゼリー』なのでもちろん亀を使うのですが、亀の腹側にある腹甲を干して粉砕した粉末を使います。場合によっては背側の甲羅を使うこともあるようです。

 

本来はミスジハコガメという亀を使うようですが、この亀は今は絶滅危惧種であるため、現在はスッポン系のツチガメを使っているようです。

 

では御開帳!

亀ゼリー

白が飛んでいてよく見えませんが、なんとも毒々しい色ですね。

なんと、フタの裏にスプーンが付いています。ということはこのまま食べることができるのでしょうか。出先で小腹が空いても安心ですね。

 

亀ゼリー

プリンのように柔らかめかと思いきや、寒天のようにしっかりした硬さがあります。なので缶からなかなか出せません。スプーンを刺して、「エイっ」と引き抜くと「ごぼっ」と出てきましたよ。

「うげー。真っ黒」

食欲が減退してしまいそうです。

 

亀ゼリー

亀ゼリーには何が入っているのかウィキで調べてみました。

カメの腹側にある腹甲(背側の甲羅をも使う場合もある)を干して粉砕した粉末と、ドブクリョウ(土茯苓)、甘草、仙草(せんそう)、火麻仁(かまにん、アサの実)、スイカズラ(忍冬。にんどう)などの生薬を煎じ、成分を抽出した液を陶器の器に入れて蒸すことで、ゼリー状に固まる。加える生薬の種類や比率は、店やメーカーにより異なる。ドブクリョウではなく、ブクリョウ(茯苓)を使う例もある。香港には美肌に効果があると言われている霊芝(れいし)を加えた霊芝亀苓膏もある。

(中略)

一般的には苦く、薬臭く、食べ辛い味と形容される。このため好みによりシロップ、麦芽糖、蜂蜜、エバミルクなどをかけ、口当たりをよくして食べることが多い。

(中略)

亀苓膏の色が黒いのはカメの甲羅の色ではなく、仙草などの黒い生薬によるものである。カメの甲羅だけの亀苓膏本来の色はこげ茶色である。

出典:亀苓膏 - Wikipedia

 

ほう。とにかくいろんな物が入っていて、漢方のデザートですな。

一口食べてみましたよ。

「うん」

ニガいと思いきやぜんぜん気になりません。拍子抜け。たぶんあらかじめ食べやすいようにしているんだと思います。スプーンが付いてるぐらいですから。

例えるなら、

「コーヒーゼリー」

これです。よくあるようなコーヒーゼリーよりも少し硬めですが、味はコーヒーゼリーです。

このままでも食べられますが、せっかくなので工夫します。

 

ソイコーヒー亀ゼリー

亀ゼリー

コーヒーに豆乳を混ぜてその中に亀ゼリー。いかがですか。おしゃれでしょ。

食べたんですが、亀ゼリー自体がコーヒーゼリーみたいなものなので、あまり合いませんでした。ミルクか生クリームが合うと思います。

 

ヨーグルト亀ゼリー

亀ゼリー

こちらもなかなかいいですな。

ヨーグルトは酸味があり、亀ゼリーはほろ苦さがあります。この相性は悪くないです。

甘味をたすために三温糖をまぶして食べてみましたが、こっちのほうがおいしかったです。

 

1缶しか買っていなかったので、この二つのレシピで1缶食べてしまいました。

この亀ゼリーですが、ハチミツかシロップが合うと思います。たぶん。

 

美容効果

数種類の漢方を使っている亀ゼリーは美容効果があります。

亀の甲羅エキスにはコラーゲンが含まれていてタンパク質の塊、美肌効果があります。さらに使われている生薬にはニキビや吹き出物などに効果があるものが含まれており、肌トラブルにいいようです。

ちなみにあのセレブ姉妹も亀ゼリーを食しているとか。

 

夏バテ予防

亀ゼリーは美容だけではなく夏バテ予防にも効果があります。

亀ゼリーに使われているドブクリョウは利尿作用があり、体の熱を冷ます効果があります。食欲がない暑い夏に食べるといいかもしれません。

 

 

一度はお試しあれ

亀ゼリーおいしかったです。食べてみようと思った方、くれぐれも食べ過ぎにはご注意下さい。体を冷やす効果があることをお忘れなく。

うげーと言った友人に今度食べさせます。

亀苓膏250g/3缶セット【亀ゼリー】【カメゼリー】スイーツ缶詰

亀苓膏250g/3缶セット【亀ゼリー】【カメゼリー】スイーツ缶詰

 

 

 

スポンサーリンク