スポンサーリンク

くそっ! 阿部寛、香川照之のNHKドラマ『スニッファー』が面白い!

「俺の鼻は間違えない」

スニッファー NHK

 

スニッファーとは

スニッファーとは「匂いを嗅ぐ人」。

 

特殊な事件を解決に導くために呼ばれた男、華岡信一郎。彼は刑事でもなければ、捜査官でもない。事件解決に呼ばれたコンサルタントである。

 

なんだか宣伝ぽくなってしまいましたが、10月22日からNHKで『スニッファー 嗅覚捜査官』なるドラマが全7話で始まりました。

 

 

その日は流れでNHKを観ていたのですが、

 

「マジで面白い!」

 

阿部寛てだけで期待できるんですが、香川照之とのコンビですからね。出演者も豪華。

 

そしてドラマの設定ですよ。これがまた楽しませてくれるんです。

 

あらすじ

阿部寛演じる華岡は普通の人が持つ嗅覚よりも敏感に匂うことができる特異性を持っています。

彼は警察から頼まれて、特殊な重要事件の解決に導くために協力しているコンサルタントです。その嗅覚を使って現場の残り香を嗅ぎ、犯人像を言い当てていきます。

華岡は普段から鼻栓をして生活していますが、事件現場ではその嗅覚を使うために鼻栓をとり、ひと嗅ぎすれば、その人の年齢や性別、普段の生活までもが手に取るようにわかります。

まさに「匂いを嗅ぐ人」スニッファーです。

 

華岡の相棒は香川演じる小向達郎。

はじめは嗅覚で犯人像がわかるという華岡を小馬鹿にしますが、その能力の高さから小向は華岡を信用し事件を解決していきます。

 

とにかく設定がいい

刑事でなくコンサルタント。そして特殊能力を使い事件を解決、と聞けば、なんだかよくありがちなドラマだなと思うかもしれませんが、まさにそれです。『スニッファー』は視聴者を選ぶドラマ設定かもしれません。

物理学者が驚異的な計算で事件を解決する東野圭吾の「ガリレオ」。

人との会話で犯人にたどりつき事件を解決に導くアメリカで人気になったドラマ「メンタリスト」。

この二つに似てると言ったらわかりやすいと思います。

設定が嫌いだからと言わずに、一度観てほしいですね。とにかく阿部寛がいい役ですよ。

長身でスーツを着て現場に来るんですが、着くなり鼻栓をとる注射器みたいなものを鼻に入れて鼻栓を取ります。そしてひと嗅ぎすると残り香がモワッと湯気のように現れて事件当日の動きを表します。華岡は嗅覚によって事件当日を想像できているようです。匂いの元となるさまざまな薬品名をあげていって、犯人像を結論づけます。

 

嗅ぐときの姿が面白い。成りきってますよ。スニッファーに。

だけど、ドラマでこういう主人公は大抵はちょっと変人なんですよね。華岡もそうです。女性に対してデリカシーがない。年齢とか生活習慣を嗅いで言い当ててしまいますから。別に悪気はないのでしょうけど。

 

オリジナルはウクライナ

スニッファー ウクライナ

 

『スニッファー』はNHKのオリジナルではありません。リメイクです。

オリジナルはウクライナ発の個性派ドラマです。ウクライナでは2013年にドラマシリーズとして放送。その後、最高視聴率を獲得。

ドラマは人気が出てロシアでも放送。平均視聴率は26%越えを記録したようです。どこかの局に教えてあげたいですね。

フランスではリメイクも予定されていて、60カ国以上で放映権が取得されています。

 

観るべし!

つべこべ言わず観て!

もう阿部寛はかっこいいうえにコミカルだし、設定も面白い。

やってくれるぜNHK。

wabisuke.hatenablog.jp

 

スポンサーリンク