読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポンサーリンク

『嫌われる勇気』を実践できれば人生の苦悩はなくなるが、劇薬である。

 他者ではなく、あなたがどうしたいか

嫌われる勇気

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

人は、自分自身の人生しか歩めない。他者の人生を変わりに歩むことはできないし、他者の気持ちを覗くこともできない。

 

あなたがどれだけ相手に尽くしても、あなたのことを好きになるか嫌いになるか、またはどうとも思っていないか、それを決めるのは相手であって、あなたではない。

 

あなたの力で相手の心を変えることができないなら、相手にどう思われようと、あなたはそれ以上考えることはない。あなたはカードをきった。そのカードにどう応えるかは相手の課題である。

 

アドラー心理学では、

 

“すべての悩みは「対人関係の悩み」である”

 

と言っている。

 

極論かもしれないが、「人は人、自分は自分」なのである。

人から好かれようとすれば相手の顔色をうかがい、相手の気分がよくなるような言葉を並べる。それは相手のために生きていることと同じである。

 

逆に自分のために生きるということは、自分が相手からどう思われようと気にしないことである。好かれることではなく、嫌われることで相手のために生きない自由を手に入れる。『嫌われる勇気』を持つことはそういうことである。

 

やらない目的のために理由づけしている

なにか物事をはじめようとするとき、多くの人が一歩を踏み出せないのには、なにかしらの原因があると考える。

 

たとえば好意を抱いている女性に声をかけたいと思っている男性がいたとする。

しかし彼はその女性に声をかけられない。

なぜなら彼は過去に経験した失恋から自分に自信を持てなくなっている。自分の容姿が悪いから女性にもてない。どうせ声をかけてもバカにされるだけだ。

彼の行動を止めるのは過去の経験が邪魔をするからだ。

 

「あらゆる結果の前に原因がある」とわたくしたちは考えるが、ここをアドラーは逆だと言っている。

この男性は過去の経験が原因となり女性に声をかけられないのではなく、女性に声をかけたくないから、それを正当化するために原因を作り出していると。

 

つまり、

「過去に原因がある→目的(結果)に結びつける」ではなく、

「目的(結果)を達成するため→原因を作り出す」と考える。

 

この考え方はわたくしからすれば非常に暴論だと思わずにいられなかった。

簡単に言えば『過去』を、そして『トラウマ』を否定していることになる。これについてはアドラーもトラウマを明確に否定しているから筋が通っているが、過去にとらわれて苦しんでいる人に、行動できないことを過去のせいにして行動を起こすことから逃れているのは自分のせいだ、ということを言っている。

この考えは過去を悩んでいる人にとっては劇薬である。

 

ただ不思議なことに、一度読了してみるとわかるのだが、あらためてポイントを読み返してみると、完全にではないが、納得できる自分がいる。

 

トラウマの議論の中でアドラーが語ったことがある。

 

「いかなる経験も、それ自体では成功の原因でも失敗の原因でもない。(中略)

経験によって決定されるのではなく、経験に与える意味によって自らを決定するのである」

 

自らが経験したことを、どの視点から見るかで違ってくる。その経験をポジティブにとらえるのかネガティブにとらえるのか。

 

男性の例からいうと、彼は過去に女性にふられた経験をネガティブにとらえているからこそ、声をかけられないでいる。

もっと言えば、声をかけたくないという目的があって、その目的にかなう理由づけとして過去のふられた経験をネガティブにとらえているということになる。

 

この考えを深く理解できたのなら、過去の経験など今の自分には影響していないと考えることができる。これは人生をよりよくする大きな一歩になることはまちがいない。

 

他者の期待を満たすために生きてない

もう一つアドラー心理学を紹介する。他者からの承認という考えである。

 

多くの人は他者から認められたいと思っている。いい成績をとって親からほめられたい。いい仕事をして上司から評価されたい。

 

なぜ人は認められたいのか。

それは「自分の価値判断」ということが大きい。

相手から認められることで自分は価値があると思うことができる。または劣等感を持っている人はそれを払拭できる。

 

では、あなたが職場で掃除をしたとする。それを見ていた人はいるが、だれもあなたにねぎらいの声もかけなかった。あなたはそれでも毎日掃除を続けるでしょうか。

 

だれかのためにやって、ほめてもらえば続けて、逆にほめてもらえなければやめる。こう思う人は少なくないはず。

 

アドラーはこのことについて、

「われわれは他者の期待を満たすために生きているのではない」

と言い、他者の期待を満たす必要はない、としている。

 

あなたは誰のために生きているのか。それは自分のためである。親のためでもなく、会社のためでもない。あなたは、あなた自身のために生きている。

 

他者の承認を求めたり、評価されることを気にしていることは、他者に媚びへつらっているのと同じである。突き詰めれば、

「他者の人生を生きている」

ことになる。

 

自分から離れて、相手の立場になって考えてみてほしい。他者はあなたのために生きているか。たぶん違う。

 

「他者もあなたの期待を満たすために生きているわけではない」

 

あなたの人生はあなたのものであって、あなたが決めることである。

 

相手の気持ちなどわからない。

冒頭でもあげたように、われわれの悩みは「対人関係」である。

相手が自分のことをどう思っているかを考えるから悩むのである。その考えはやはり他者の人生を生きているのであり、主導権を相手が握っていると考えてしまうからさらに悩むのである。

 

しかし自分と他者を分離できていれば、主導権は自分にあるとわかる。つねに切り札のカードはあなたが持っている。

 

あなたが誰かとケンカをして仲が悪くなってしまう。しばらくしてあなたは仲直りしようと思い始める。

しかし、相手がどう思っているかと考えてしまうと、そこで身動きがとれなくなってしまう。ここで二の足を踏んでしまう人が多いが、自分と他者を分離できていればそんなことはなくなる。

 

たとえ相手があなたを許さなくてもかまわないのだ。問題はあなたが「やるか、やらないか」であり、その主導権は常にあなたが握っている。

 

主導権を握り、カードを切り、行動を起こすことで変わったのはあなた自信である。

それに対して相手はどうなるかなんてわからない。あなたの行動を見て変わるかもしれないし、なにも変わらないかもしれない。それはあなたが考える問題ではなく、相手の問題である。あなたがやるべきことをやったのなら、それでいい。

 

「馬を水辺に連れていくことはできるが、水を呑ませることはできない」

 

あなたは、あなたである。

スポンサーリンク