スポンサーリンク

【お金の話をしよう!】お金を確実に貯められるたった一つの方法

お金を貯めるのは難しいことではない

f:id:wabisukenouta:20160126221705j:plain

 あなたがもしお金を貯めたいのであれば、簡単に、確実に、そして今すぐにでも貯まる方法が一つだけある。

 

 それは、

 

 

「お金を使わないこと」

 

 

 それだけである。

 

「そんなことか、、、」と、あなたはがっかりしただろうか。それとも「そうだ!」と思っただろうか。

 

 あなたがどちらの気持ちになったとしても、お金を確実に貯める方法は、

 

「お金を使わないこと」

 

 これだけである。

 

 このアドバイスを聞いて、不満を持った人には二つの気持ちがあるはずだ。

  1. そんなことは言われなくてもわかっている
  2. それができないから困っている

 

 この二つの気持ちの解決方法も実に簡単である。それは、

 

「四の五の言わず、実際にお金を使わないことを実践してみる」

 

 これしかない。

 

なぜあなたはお金が貯まらないのか

 日本人はお金の話をしたがらない。もっといえば、お金の話は「汚い」ものという風潮さえある。

 

 少し前から比べれば、最近は株投資やFXなどの投資本が書店に山積みになって置かれているので、〈お金儲け=汚い〉という考えは薄れてきている。

 アベノミクスなどと言われて、「投資は今です!」みたいに囃し立てられ、主婦はへそくりから、老後は年金を使って金融商品にお金をつぎ込む人も増えてきている。

 

 しかしそのような時代になっても、オープンにお金の話をする人を見たことがない。

 

「稼いでいますね」

「なにか投資はしていますか」

「年収はいくらですか」

 

 さすが年収を聞くのは憚られるが、お金を臭わす話を避けたがる人は多い。特に年齢を重ねた人はなおさらである。

 お金の話をしないのは、他人よりお金がないことが恥ずかしいのかもしれないし、お金のあるなしで、気持ちのどこかに上下関係ができてしまうのかもしれない。

 お金があってもなくても、

 

「武士は食わねど高楊枝」

 

  なのでは。

 

 

「お金なんていらない」

「お金なんてなくてもいい」

 

 もし本気でお金を貯めたいと思っていて、しかし心のどこかでお金を批判している人がいるなら、まずお金を貯めることよりも、お金に対するネガティブマインドを変えなくてはいけません。

 

 お金は、お金を大事にしてくれる人のところに集まります。これはよく言われることですが、この考えは、

 

〈=お金を無駄使いしない人→お金を使わない人〉

 

 このようになるとわたくしは考えています。

 

「お金なんてなくてもいい」と思っている人が、お金を貯めることなど決してできませんし、お金持ちになることもないでしょう。

 大統領になりたいと本気で考えている人は、大統領になれないかもしれないけど、なれるチャンスは生まれます。大統領になるために試行錯誤するでしょうから。

 しかしホームレスになりたいと思っている人が大統領になれるチャンスはほぼゼロに等しいです。彼は大統領になりたいと思っていないのですから。

 

 お金持ちになりたいと思っている人と、お金持ちになりたくないと思っている人とでは、すでにスタートラインがちがうのです。

 このラインがちがうと、いくらお金を貯める話をしても時間が無駄になってしまうだけです。

 お金を貯めたければ、まずお金に対する思いを変えることからはじめなければなりません。

 

スタートラインに立った人

 お金を貯めるたった一つの確実な方法は「お金を使わない」ことと申し上げましたが、これだけが真実です。

 ここで間違わないでほしいのが、お金を「増やす」方法ではなく、「貯める」方法を言っています。

 増やすのはさまざまな方法がありますが、貯める方法は使わないことだけです。

 

 では最初に挙げた、このアドバイスに不満を持った二つの気持ちを見ていきます。

 

「そんなことは言われなくてもわかっている」

 わかっているならなぜ、あなたは実践しないのでしょう。

 

 わかっているということは、これまでに一度でもこのアドバイスを聞いたことがあるはずです。または本で読んだのかもしれません。

 

 わかっていて実践しない理由はどこにもありません。何度もこのアドバイスを聞いたことがあるのなら、少なくてもこのアドバイスに間違いはない。このアドバイスは真実なのです。

 

 では、そのアドバイスを知っているにも関わらず、お金が貯まってないのはなぜか。

 

 それは知っているだけで、やはりあなたが実践していないからです。

 

 少しだけ話は外れますが、

 

「お金持ちになれる方法」

 

 こういったタイトルの投資関係の書籍は書店にいけば山ほどあります。わたくしは何冊も読みましたが、ほとんどの答えが、

  • 働いて高給をもらう
  • サラリーマンではなく自ら事業を始める
  • 投資家になる

 およそ、この3つしかないと思います。

 

 このような内容が詳しく書かれている書籍を紹介するなら、

 加谷珪一氏の『大金持ちの教科書』。

大金持ちの教科書

大金持ちの教科書

 

 

 または、数年前に日本でも大ヒットした、

 ロバート・キヨサキ氏の『金持ち父さん貧乏父さん』。

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

 

 

 これらの書籍を読まれたかたも多いのではないでしょうか。

 

 投資に関しては、今回の内容から脱線してしまうのでまた別の機会に取り上げたいと思いますが、上に挙げたお金持ちになる3つの方法も、多くの書籍に書かれていることです。

 

 たぶんあなたもどこかで読んだり、聞いたことがあるでしょう。やはりこれも同じことなのです。多くの書籍に書かれていたり、言われていることは、そこに真実があり、そしてそれが王道なのです。

 

 時代や地域、そして投資商品に違いはありますが、お金持ちになる人に共通しているのは、自ら事業をすること。そして投資をすることです。

 あとはあなたが実践するかどうか。それだけです。

 

「それができないから困っている」

 「お金を使わないこと」を実践できないもう一つの理由です。

 

 ではわたくしからあなたに質問です。

 

「なぜお金を使わないようにしないのですか?」

 

 日本語が変でしょうか。ではこれならどうでしょう。

 

「なぜお金を使ってしまうのですか?」

 

 今、こんな反論が聞こえてきそうです。

 

「給料から家賃や光熱費、生きていくために食費だってかかる。それに携帯代や交際費だって必要だ。普通に生活してたって給料が少ないから貯金になんてお金が回せない」

 

 いかがでしょう。反論としては大方外れてはいないと思います。

 

 たしかに今の世の中、会社員の多くは給料なんてあがらない時代だとわかっています。よくて現状維持か、下がる。またはボーナスが少なくなる。そのような時代です。

 どこかの会社に勤めている人はまだいいとわたくしは思います。これが、一度脱線してしまうと、再び正社員として勤めることは困難になってきます。

 巷では言われているのは、年齢が35歳を過ぎたら、再就職して正社員は、よほどの実績がないと難しい。非正規労働者として働くぐらいしか道はないだろうとまで言われてしまう始末です。

 

「手取り20万」

 

 今、あなたはどう思いましたか? 鼻で笑いましたか。それとも自分の境遇と同じと思いましたか。

 

 働く都市により給料に違いはありますが、今の時代、東京で非正規労働者であれば手取り20万なんてザラです。もちろんボーナスなし。わたくしはこれでもいいほうだと思います。

 20万よりもっと低い給料の人もいます。それでも生きていかなければならないのです。生きている人がいるのです。

 

「人様の境遇なんて聞いてもしょうがない。聞いたってお金なんてためられない」

 

 と言う人はまだいると思います。

 

 では、そう言う人のために最終アドバイスをします。

 

 

 

「それでもお金を貯めたければ、使わないこと」

 

 

お金を貯められる人に収入の大小は関係ない

 できない言い訳をする人は、ほぼ間違いなくできません。たとえあなたの年収が1000万円になっても、あなたはお金を貯めるどころか、収入に見合った生活水準を始めます。生活水準が上がれば、それだけ出て行くお金も多くなります。結果的に貯金はできません。ですので、

 

〈収入大=お金を貯められる〉

 

 とはなりません。

 

 なぜか。

 

 お金というものは本当に不思議な魔力を持っています。ありふれた言葉を使えば、お金で人は変わります。

 

「お金を使うのか。またはお金に使われるのか」

 

 説明するまでもありません。われわれがお金を使わなければいけないのです。お金に目がくらんで、自分自身をコントロールできなければ、あなたはいつまでもお金に使われる人間になってしまいます。

 

お金を貯められる人とは

 2015年のフォーブス世界長者番付というものがあります。

 日本語版が掲載されているサイトです。

memorva.jp

 

 この順位によると、

  1. ビル・ゲイツ(9.5兆円)
  2. カルロス・スリム(9.25兆円)
  3. ウォーレン・バフェット(8.72兆円)
  4. アマンシオ・オルテガ(7.74兆円)
  5. ラリー・エリソン(6.52兆円)

 日本でも馴染みのある人ばかりです。

 ビル・ゲイツはMicrosoftの創業者です。説明の必要はありませんね。

 2位のカルロス・スリムはメキシコの事業家で、中南米最大の携帯会社を経営しています。

 3位は偉大なる投資家。投資をしている人で知らない人はいません。ウォーレン・バフェット。

 4位はザラ、5位はオラクルの創業者です。

 

 だれもが途方もない資産を有しています。世界にはお金があふれています。お金持ちになるチャンスはどこにでもあるのです。お金持ちになることは簡単です。ただ、お金持ちになるためのはじめの一歩は相当な困難が伴うことは確実です。

 チャンス、アイデア、決断力、行動力。

 世の中の人が望んでいるものを生み出すアイデアや商品を誰よりも先に作ることができれば、あなたも彼らの仲間入りができるかもしれない。

 その一歩の違いで一度の人生が決まります。

 

 世界の長者を紹介したのは彼らの資産を知ってもらうことではありません。

 億万長者の多くは、その巨額な資産を有していながら、実際は倹約家であり、悪く言えばケチ、守銭奴であります。

 

 世界で最もお金持ちのビル・ゲイツ。彼は倹約家としても有名です。

 彼は仕事で世界中を飛び回っていますが、一般の航空会社を使うときは、エコノミークラスといわれています。

 日本法人スタッフからファーストクラスの航空券を渡されたとき、

「日本のマイクロソフトはこんな無駄遣いをする会社なのか。ちょっとのフライトになぜ無駄に金を使うんだ」

 と激怒したというエピソードがあります。

 この話はのちに、エコノミーを使う理由としてマスコミから質問を受け、

「会社の金でも個人の金でも、無駄なことに金を使うことは理解できない。何倍もお金を払ったところで、到着する時間は同じ」

 と語ったそうです。

 ポケットに入れたはずの1ドルクーポン券が見つからず、何分も客をカウンターで待たせた話も有名です。

 

 また2位のカルロス・スリムは、車は自分で運転。家も30年以上前に購入した家に住み続けています。

 

 3位のバフェットもわれわれの想像を超える倹約家精神の持ち主です。

 ある日、バフェットが自分のオフィスのあるフロアへ行こうとエレベーターに乗っていたとき、床に1セント硬貨が落ちていました。乗り合わせた建設会社の重役たちは誰も気がついていません。

 バフェットはかがんで、その1セント硬貨を拾いました。重役たちは、バフェットが1セントなどを拾うことに驚きました。

 億万長者のバフェットはこう言ったのです。

 

「次の10億ドルへの第一歩だ」

 

 お金がない人ほど、小さなお金をバカにする傾向があります。これではお金は貯まりません。10円は、1円が10個の集まりです。

 小さなお金を大切にする心構えこそが、お金を貯めるのには大切なのです。

 

 贅沢をしたり、高価な服を買ったりするのは、人間には見栄があるからです。

 相手よりいいものを持って凄いと思われたい。

 もっと注目を集めたい。

 そのような思いがあるから、多くの人は大切なお金を無駄に浪費してしまうのです。

 お金持ちほど倹約家やケチな人が多いのは、お金の大切さ、お金の使い方を知っているのからなのです。

 

お金の使い方を決める

  お金持ちに倹約家が多いのは、お金の大切さを知っているからです。

 ビル・ゲイツやバフェットのエピソードを見てもらえればわかるように、彼らは無駄なお金を使いません。むしろ浪費を嫌います。価値のないものに支出することや、次に繋がらない支出は無駄であると考えるのです。

 しかし、彼らはただ倹約家であり、ケチなだけではありません。お金を使うところには使います。

 次の利益を生むとわかれば、何億だろうが、何兆だろうが、投資をしたり、買収したりします。

 また、有益な人物との会食ではケチどころか、食事代はすべて払います。

 

 「割り勘割り勘」では、それは根っからの守銭奴になってしまいます。シャワーすら入らない悪臭漂う体。ボロボロの服。それでは本当の貧乏人になってしまい、人は離れていき、次なるチャンスすら回ってきません。

 毎月1万円かかっているスマホ料金を見直し節約する。

 洋服のグレードを下げる。まだ使えると思ったら買わない。

 毎日自動販売機で飲み物を買うのではなく、タンブラーを買っておいて家から持っていく。

 倹約とは、自らがストレスにならない程度に生活の質を見直し、無駄をなくし、手元にお金を残していくことです。

 そして、自分以外に対しては「生きたお金を使う」。

 これこそが上手なお金の使い方だと思います。

 

まとめ:お金を貯めるたった一つの方法

 わたくしは携帯からスマホに変わっても家計簿をつけているのですが、昔のある年のデータを調べてみたら、こんな収支が残っていました。

  • ある年の8月:
  • 収入:17万1258円
  • 支出:13万6516円
  • 残高:3万4742円

 わたくしは一時期、かなり苦しい時代がありました。

 ある一定の年齢を超えていましたし、正規労働者の道は困難で(現在も正規ではありません)、経済的にも精神的にも、本当に心身ともに参っていた時代がありました。

  • 場所:東京
  • 時給:940円
  • 家賃:6万3000円
  • 光熱費:およそ1万円(多く見積もって)
  • 食費:3万円(すべて自炊)
  • 奨学金返済:1万6000円
  • その他:残りの金額

 この月は住民税などの支払いがなかった月だと思うので、極端に支出が少ないですが、それでも収入に対して3万円ほど残りました。

 わたくしは酒もタバコも嗜みません。そして自炊して職場にはおにぎりと少しのおかずをタッパーに入れて持っていきます。飲み物もタンブラーを買って毎日詰めて持参しています。これは当時も、そして今も変わりません。

 

「身なりが汚いとか?」

 一度も言われたことありません。行きつけの美容室もありますし、シャンプーは1800円です。シャワー後は肌ラボの美容液を顔につけます。

 

「趣味がないからお金も使わない?」

 本が好きで読みたい書籍には平気で月1万円でも払います。

 

「付き合いが悪いとか?」

 そんなことはありません。ただ広く浅くの友人はいないので頻繁な交際はありません。人並みです。

 

「彼女がいない?」

 悪いか。余計なお世話だ。

 冗談です。たしかにそういった特定の人がいる場合、そこにお金はかかってしまうと思います。

 ただ彼女なり彼氏なり、特別な存在であれば、相手がどのような考えを持っているかをわかった上でお付き合いしていると思いますので、無駄遣いできないのであれば身の丈に合ったお付き合いでいいとわたくしは思います。

 それが難しいのであれば、貯蓄をあきらめるか、別れるかすればいいのです。はじめから方向性が違うなら、長くは続きません。

 

「実は残高を粉飾しているのでは?」

 しています!

 残った残高を貯金していません!

 すべて証券会社に入れてます。

 もちろん貯金できない月もありますから、大した額ではありませんが、わたくしは「貯められる人間」なので、その次の段階の「増やす人間」になっています。これはまた別の機会に。

 

 

 わたくしがここまで赤裸々に公表するには理由があります。

 

 誰だってお金は貯められるのです。収入の差は関係ありません。あなたがやる気があるか、やる気がないか。それだけなのです。

 特別な知識も技術も必要ありません。学歴も収入も関係ありません。

 

 今からでも始められます。あなた次第で。

 

 最後にもう一度だけ言います。

 

 お金を確実に貯められるたった一つの方法があります。それは、

 

「お金をつかわないこと」

 

スポンサーリンク