読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポンサーリンク

軍資金50万円から不労所得で生きるお金持ちへ。新企画『プルートスの角』

新企画! 『プルートスの角』

f:id:wabisukenouta:20160105213044j:plain

 2016年から新企画を始めます。

 

 といってもどのようなタイミングではじめるかわかりませんが、一応お知らせしておきます。

 

 あらためて、どのような企画かと申しますと、

 

 近年、投資をすすめる雑誌や書籍が書店には多く並んでいます。

 

 官製相場であるアベノミクスなどと騒がれて為替は円安へ、日経平均はぐんぐん上昇しました。

 

 そういった環境も手伝い、株を始める人は多くなっています。

 

 しかし今まで経験のない株取引は難しい。投資なんて怖いからやっぱり銀行貯金という人は多いと思います。

 

 それでもお金を増やすには投資がいい、とは分かっていても……。

 

 そういう葛藤する気持ちはわかります。最初の一歩て難しいですよね。

 

 投資雑誌を参考にしても、ほとんどは初めから投資資金が多い場合があります。

 

 500万とか1000万とか、その時点でまずはそこまで貯めるのが現実的ではありません。

 

 投資を始める人の多くは、年収で400万とか500万。いや今の時代なら300万という人もいるはずです。

 

 なかなか貯金にお金を回せない人は多いはず。それでもお小遣い程度に毎月1万でも2万でも副収入をほしいから投資をするのです。

 

 はじめの投資資金が1000万なんて、それは今の日本では十分に小金持に入ります。

 

 スタートから違うと思うと、やっぱり投資は無理と感じますよね。

 

 そこで今回、わたくしが実際に小額投資から始めて、どこまで資産を増やせるのかを実証実験したいと思います。まさにリアルタイムマネー作戦です。

 

 小額といってもさすがに10万円では投資商品も制限されてしまいます。現実的に10万では投資していても面白くないです。

 

 かといって100万からではそれなりに貯める時間も必要かと思います。

 

 そこで50万円ではどうでしょう。これなら生活を少し切り詰めれば貯められる金額です。もし投資が失敗してもまた最初から始めればいいのです。

 

 しかし注意してください。投資は余裕資金でお願いします。50万円貯めてそれをすべて投資に回してはいけません。もちろんわたくしも余裕資金の50万円です。

 

 この企画はあくまで実験です。「不労所得で生きていこう」なんていっていますが、それよりもわたくしは投資の大切さを知ってほしいと思っております。

 

 もはや今の日本では賃金の上昇は望めません。これから増々非正規労働者が増えていく一方。

 

 いつ仕事がなくなるか分かりません。

 

「こんな時代に生まれるなんて」

 

 そんなふうに嘆いている場合ではありません。

 

 己の力で生きていく覚悟を持たなければ生き残れません。

 

 まずはお金を貯めて、投資をして、キャッシュポジションを増やすことです。労働だけではなく、複数のポジションからお金が入ってくるシステムを作るのです。

 

 もちろん投資を行うのでリスクを伴います。しかしリスクを取らないでリターンはありません。リスクを取った者にだけリターンがあるのです。

 

 一日でも早く動きだしましょう。

 

 目標は大きく、

 

「不労所得で生きる」

 

 どうですか? 目標が大きくなければやりがいもありません。

 

 わたくしが身をもって実験しますので、応援お願いします。

 

注意事項:

投資はリスクを伴いますので、ご自身で責任を持ちリスク管理を行ってください。これはあくまでもわたくしの実験です。投資は自己責任でお願いします。

 

今回の企画の条件設定

 では、どのような条件で投資を行っていくか設定しておきます。

 

【実践予定の投資】

  • 各国株式(日本株、アメリカ株、その他、証券会社から取引できる海外株式)
  • FX
  • IPO
  • 商品(金、銀、その他)
  • その他(Googleアドセンスやアフィリエイトなどの臨時収入)

 主力は株とFX。そしてIPO銘柄です。

 

 元手の50万円だけでは資産を増やすことに時間がかかるので給料をはじめ、臨時収入からの追加資金の注入もあります。

 

【検証実験の中止について】

 検証については中止もありえます。

 元手をすべて失った。またはわたくしに不足の事態が起こった場合です。

 もし検証を中止する場合はお伝えします。

 

 このようは企画で進めたいと思います。

 

 基本は水曜日と土曜日に投資報告の記事を掲載したいと考えております。

スポンサーリンク