スポンサーリンク

投資初心者におすすめ。投資の大切さがわかるパブロとブルーノ。労働収入と権利収入

個人で資産防御の時代

先日、日本の年金を運用するGPIFがおよそ8兆円の運用損失を出したとニュースになりました。

公的年金の運用損失7.8兆円=過去最大、株式投資拡大が裏目―7~9月

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は30日、2015年7~9月期の運用損益が7兆8899億円の赤字に転落したと発表した。赤字は6四半期ぶりで、四半期の赤字額としては過去最大となった。

 8月以降、中国経済の減速懸念を背景に国内外の株価が急落したことで、保有する株式の評価額が大きく下落した。昨年10月に公表した資産構成の見直しに より、株式投資比率の目標を従来の約2倍の25%に引き上げたことも裏目に出た。6月末に比べ円高が進行したことで、外国株や外国債券の円換算での赤字拡 大につながった。運用実績を示す収益率はマイナス5.59%4~6月期はプラス1.92%)に悪化した。

 記者会見したGPIFの三石博之審議役は「10月以降の市場環境は回復しており、今年度の直近までの収益額はプラスに転じる基調だ」と強調した。

 

これだけ見ると、

 

「いい加減にしろ! GPIF」

 

となりそうですが、経済評論家の山崎元氏によれば、

 

「運用評価についてはむしろほめるべき」

 

としていて、なるほどな見解でした。

diamond.jp

ただ、公的年金の運用自体は長期的な視点で考えなければならないのでしょうが、山崎氏も付け加えているように、短期だろうが長期だろうが、損は損なわけです。

 

「これから先は順調に回復しているので大丈夫」

 

なんてだれが分かるのでしょうか。

 

これから先の予想ができるのであれば、なぜ夏場の中国経済の失速は予想できなかったのか。市場に確かなことはないのです。

 

もう一つの問題は、GPIFが昨年の10月に定めた新しいポートフォリオです。このポートフォリオの内訳は、

  • 国内債券35%
  • 国内株式25%
  • 外国債券15%
  • 外国株式25%

となっています。いくら積極的運用といっても人様の年金運用でこれは少々リスクが大きいと感じます。個人が行うような投資と違って大きな失敗は許されないものです。

 

それでも、これだけリスクを取りにいく理由は、それをしなければならない理由があるのではと考えずにはいられません。

 

個人で資産防御

投資がどれだけ大切かということがこの動画でわかると思います。投資に馴染みのない人は是非ご覧ください。

www.youtube.com

この考え如何なものか。

スポンサーリンク