スポンサーリンク

でやがったぜ。『ペヤングやきそば にんにくMAX』

にんにく好きにはたまらない。『にんにくMAX』

f:id:wabisukenouta:20151120192626j:plain

 まってした!

 なんということでしょう。

 これほどオドロオドロしいパッケージは日清の『パンプキンヌードル』、『UFOイカスミ焼きそば』以来でしょうか。

wabisuke.hatenablog.jp

wabisuke.hatenablog.jp

そして今回も黒を基調としたパッケージ。

『ペヤングやきそば にんにくMAX』

 売り場でひと際目立つ存在。黒ベースに赤字。

 さらににんにく野郎が悪い顔をして笑っていますぜ。親切に注意書きも、

「まわりの人が……」

「まわりの人に迷惑がかかります。喫食の際は1人でお召し上がり下さい。エチケットは守りましょう。」

 ですって。

 ただでさえにんにくは臭いますからね。しかしそこまで言われたら、

「食べるしかないでしょ」

作ってみる

 ではさっそく中身から。

f:id:wabisukenouta:20151120192811j:plain

 麺のほかにはかやくと焼きそばソース。このソースがにんにくのタレ。これですね、このタレが強烈なのでしょう。うーん。楽しみ。

f:id:wabisukenouta:20151120192836j:plain

 すみません。疑っているわけではないのですが一応麺も調べておきましょう。

 よし。問題なし。 ではかやくを入れてみます。

f:id:wabisukenouta:20151120192910j:plain

  おっと、まさかかやくにもスライスにんにくがたっぷりと入っているとは。

 そして鷹の爪ですね。辛めの味付けなのでしょうね。ペペロンチーノのような感じになるのでしょうか。

f:id:wabisukenouta:20151120192935j:plain

  たっぷりとお湯を入れます。3分後に会いましょう。

f:id:wabisukenouta:20151120193009j:plain

  しっかりと湯切りをしてにんにくのタレを入れます。もちろんですがタレを入れた段階でにんにくの臭いはします。わたくしは慣れているせいかそれほど強烈とは思いませんでしたが、混ぜていると湯気とともに臭いが広がります。

f:id:wabisukenouta:20151120193040j:plain

いざ、実食

 写真を見ていただくとわかりますが、ソースではないので焼きそばのような色にはなりません。まさにパスタで言うペペロンチーノのような感じです。

 で、感想ですか?

 わたくしはにんにくが大好きで、炒め物全般にチューブのにんにくやスライスにんにくを使い、さらには皮をむいて丸ごと入れたにんにくの炊き込みご飯まで、なんでもかんでもにんにくを入れます。

 さてこのにんにくMAX。たしかに表記の通り、臭いは強いです。正直ここまで強く臭うのはこの液体に秘密があるのでしょうか。わたくしが使うチューブにんにくとはちょっとちがいますね。

 ちなみにかやくとして入っているスライスにんにくはそれほど強烈ではありません。むしろかわいいぐらいです。

 食べているとわかるのですが、にんにく臭は強烈です。鷹の爪も入っていますので、口を近づけて勢いよく麺を吸い込むとにんにく臭と鷹の爪の辛さにむせるかもしれません。わたくしはむせることはありませんでしたが、想像していたよりもピリ辛でした。

 にんにくに慣れていない人はその臭いに邪魔されて口を近づけるだけでダメかもしれませんね。

 注意書きの通り食べるときは一人のほうがいいと思います。

 間違ってもデート前に食べる物がないから『ぺやんぐ にんにくMAX』を腹に入れていこうなんて考えないことです。待ち合わせで合流したときに、

『えっ! もしかしてペヤングのにんにくMAX食べた?』

 と言われますよ。お気をつけ下さい。

本日も美味しくいただきました。

スポンサーリンク