スポンサーリンク

道産子にとってインスタント焼きそばといえば、『ペヤング』じゃなくて『やきそば弁当』です

神様。仏様。やきそば弁当様。

 異物混入問題でペヤングやきそばが有名になりましたが、北海道でのカップ焼きそばのシェアはペヤングではなく、圧倒的に、

『やきそば弁当』

 です。むしろペヤングなんて売っていません。ドンキホーテにあるかないかぐらいの確率です。

 道産子はだれでも一度は口にしたことがあるやきそば弁当。まさに北海道のソウルのなかのソウルフードでございます。

やきそば弁当の正しい作り方

f:id:wabisukenouta:20150919193115j:plain

 パッケージを見ただけで道産子は大興奮です。なんと、

『40周年』

 ですよ。そしてペヤングより優れている点が、

『スープ付』

 これですよこれ。このスープが本当にチープで(失礼)むしろクセになります。

f:id:wabisukenouta:20150919193458j:plain

 中身は「液体スープ」「かやく」「スープとふりかけ」です。これはよくあるインスタントやきそばとそれほど変わらないと思います。

 さっそく作っていきましょう。

 まず、やきそば弁当にかやくを入れます。そして沸騰したお湯を指定されている線まで入れます。

 ふりかけについているスープをコップに入れておきます。ここで間違わないでください! このスープはお湯で作るのではありません。メンを茹でたお湯を注ぐのです。いいですか、

『メンを茹でたお湯』

 です。

f:id:wabisukenouta:20150919193609j:plain

 上部の写真の通りです。麺茹でに使ったお湯には、かやくから出た野菜や肉のエキスが含まれています。これを使うことでスープの味に深みが出ます。

f:id:wabisukenouta:20150919194100j:plain

 湯を切って、液体ソースをまんべんなく混ぜて、ふりかけをかければ完成です。写真は不味そうに見えますが、きれいに盛りつけてはインスタントやきそばの醍醐味がありません。インスタントはこういったものです。

 久しぶりに食べました。まさに、

f:id:wabisukenouta:20150919194750p:plain

 美味しくいただきました。

スポンサーリンク