スポンサーリンク

高度運転支援システム(ADAS)の雄 イスラエルの『モービルアイ(MBLY)』株をわたくしが購入した理由。

今週のNY指数

f:id:wabisukenouta:20150814204943j:plain

●S&P500

10/5 1987.05

10/6 1979.92

10/7 1995.83

10/8 2013.43

10/9 2014.89

●NYダウ

10/5 16776.43

10/6 16790.19

10/7 16912.29

10/8 17050.75

10/9 17084.49

f:id:wabisukenouta:20151010071442p:plain

 ダウは16000ドルあたりで底をつけて、今週は5連騰でしたね。載せてはいませんがナスダックは多少もたついています。

 わたくしは監視銘柄のうち、モービルアイは購入できましたが、もう一つ狙っていたリオティントは0.2ドルをケチったために購入できず、翌日以降4ドルの高騰を指をくわえて見ているだけとなってしまいました。ここから購入するかどうか迷っていますが、もう少し様子を見て購入するか、違う銘柄にするか検討します。

高度運転支援システム(ADAS)の有力企業

f:id:wabisukenouta:20151010072416p:plain

 先日も少しだけブログで書きましたが、『モービルアイ(MBLY)』の株を購入しました。

wabisuke.hatenablog.jp

  アメリカ株を取引している方にはご存知の方も多いと思いますが、あらためてご紹介します。

 モービルアイは自動車業界で進みつつある運転支援システムの装置を研究開発してる企業です。イスラエルの企業ではありますが、現在は研究開発センターがイスラエルのエルサレムにあり、本社はオランダとなっています。セールスオフィスはアメリカのロサンゼルスや デトロイトなどにあり、日本では東京にもあります。

 現在、自動車業界では自動運転がホットなキーワードになっています。自動車業界はもちろんのこと、GoogleやAppleなどの企業も自動運転の分野に参入しています。日本で自動運転というとスバルのアイサイトが有名ですね。

 このモービルアイは、アルゴリズムで処理されたソフトとカメラだけを使用して車両検知する視覚システムを開発しています。搭載した車両は昼夜問わず、バスやトラックを検知することが可能です。前方車両衝突警報、車間距離警報、車線逸脱警報なども可能にしています。

 さらにモービルアイは、ほぼ全車種に対応した後付け製品を2007年に発売しました。これらの製品にもしっかりと独自の先進運転支援システムが採用されています。

 モービルアイ支持されているのは、これらのことを単眼カメラで行っているとうことです。

www.youtube.com

Googleとモービルアイの自動運転の違い

 なにかと話題のGoogleの自動運転システムですが、Googleとモービルアイではそのアプローチが違っています。

 Googleが実現しようと考えているのは、人工知能を使っての自動運転システムです。そこには人間が行う運転は必要なくなり、自動車自体にもアクセルやブレーキがなく、自動で走る箱のようなものになると考えられます。

 しかしモービルアイはGoogleとは違い、あくまでも人間が運転する。その運転の安全を支援する役割になることを考えています。

 両者とも自動運転システムにちがいはありませんが、そのアプローチは別物であることがわかります。

 わたくしはモービルアイを一年以上前から狙っていましたが、IPO後、スルスルと株価が上昇したので購入を控えていましたが、この時期の下落を狙って購入しました。

 現在の自動車業界における運転支援システムの必要性から見ても、今後の需要は大きいと考えています。支援システムは普及し始めてはいますが、その市場はまだまだ小さい規模です。

 その市場を先行しているモービルアイはこの分野のスタンダードとなるとわたくしは考えています。

 この考え如何なものか。

スポンサーリンク