読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポンサーリンク

『会計天国』竹内謙礼、青木寿幸【著】を読んでみた

BOOKs

会計知識を物語で学ぶ

会計天国 (PHP文庫)

会計天国 (PHP文庫)

 

  会計天国は、以前ご紹介した『貯金兄弟』の著者の最初のシリーズ作品です。

wabisuke.hatenablog.jp

  本書は会計の知識を物語を通して学ぶことができます。会計の知識がなくてもそれなりに理解することができますが、少しでも会計の知識があったり、興味がある人にはさらに面白く読み進めることができると思います。

 会計のいろはについてはもちろんですが、会社経営をどのように行っていくか。どうすれば赤字体質を改善することができるのか。そういった部分にもふれています。ただ専門的に会計知識を持っている人には物足りないかもしれません。本書の対象者はこれから会計を知りたい人、どういったことが会社経営に必要なのかを知りたい人、そういったことを学ぶ入り口の切っ掛けとして読むといいと思います。

 以下は本書に書かれている内容の簡単な解説です。

突然、事故死した経営コンサルタントの北条。そこに現われた黒スーツ姿の天使・Kが提案したのは、現世に復活するチャンスだった。ただし、人生崖っぷちの5人を、会計ノウハウを使って幸せにするという条件付で……。

北条は無事に娘の結婚式に出席することができるのかー。初心者でもわかる、仕事で役立つ決算書&会計知識が満載の、今度こそ最後まで読める実用ビジネスノベル。

 どうでしょうか。なかなか面白そうですよね。

 本書は序章、最終章を含めて7章の構成からなっています。

  • 序章「1週間後に、お亡くなりになります」
  • 第1章 なぜ、「儲かっている」と言われる会社が、倒産するのか?
  • 第2章 価格競争に陥ったら、会社がやるべきことがひとつある
  • 第3章 粉飾決算という泥沼から抜け出して、再生する
  • 第4章 部長課長が同期との競争に勝って出世する方法
  • 第5章 会社の戦略が変われば、組織も当然、変わる
  • 最終章 「幸せ」になろうとする意志

 5人それぞれのおかれた立場から必要な会計の知識、会社経営のアドバイスを北条が的確におこなっていきます。

 本書は単行本から文庫化されています。気になる方はぜひ手にとってみてください。

スポンサーリンク