スポンサーリンク

ヒラリー・クリントンのツイートでバイオ銘柄下落!? 利上げは年内確実!?

ダウ、S&P500

f:id:wabisukenouta:20150905072431j:plain

●S&P500

9/21 1966.97

9/22 1942.74

9/23 1938.76

9/24 1932.24

9/25 1931.34

●NYダウ

9/21 16510.19

9/22 16330.47

9/23 16279.89

9/24 16201.32

9/25 16314.67

 アメリカの利上げが見送られましたが、株価はずるずると下げています。

 ダウに関しては今週最終日は上昇しましたが、SP500にいたっては火曜日から金曜日まで下げていますね。二番底を試す展開になるのでしょうか。

 

ヒラリー・クリントンがつぶやいた薬価抑制

f:id:wabisukenouta:20150822205124j:plain

 次期大統領を狙う民主党のヒラリー・クリントン氏が、高騰する医薬品の価格に対してのツイートしました。その影響かバイオ関連の銘柄が売られました。

 

「特殊医薬品の価格つり上げはとんでもないよ。わたしはそれに対して対策をおく」

 

と簡単に言えばそういうことなのですが、このツイートでバイオ関連の銘柄が反応しました。

f:id:wabisukenouta:20150926073040p:plain

 上のチャートはiシェアーズのバイオETF(IBB)なのですが、ツイートがあった21日あたりからガクンと下落しています。ダウやSP500自体が下落基調にありますので、実際クリントン氏のツイートがバイオ銘柄に直接の原因を与えたかどうかはわかりませんが、まあ全体的に下がっているのは事実であります。

 クリントン氏がツイートした元ネタですが、HIV感染者の治療薬として使われていた『Daraprim』という薬が、それまで1錠13.5ドル(約1600円)だったのが、1錠750ドル(約9万円)に跳ね上がったという記事が元のようです。

 これはその薬の権利を購入した製薬会社が、たったひと晩で55倍に値上げしたことが原因のようで、製薬会社は猛烈な批判にさらされています。

FRB 年内利上げは確実的か?

f:id:wabisukenouta:20150916201342j:plain

 24日、FRBのイエレン議長はFOMC参加者の大半は年内の利上げを見込んでいると述べました。

www.bloomberg.co.jp

 年内の利上げはないんじゃないか、とか。もう今後永久に利上げはできないんじゃないか、という周囲の声を一蹴しましたね。

 年内利上げならば12月が有力視されています。それは以前にも書きましたが、FOMC後に会見があるからです。この会見のときに大きな政策発表があればその会見の場になるからです。ただ、9月にあったFOMCの会見で「もし10月に利上げを行うなら緊急で会見の場を開く」とも発言しています。

 12月が有力視されていますが、一部12月も難しいのではと判断されているのは、クリスマス商戦があることや、金融機関の年末の資金繰りもありますので、なかなか判断が難しいと思われます。

 もしかして10月利上げあるかもしれませんね(予想を外しているので大きな声では言えません)。

この考え如何なものか。

スポンサーリンク