読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポンサーリンク

世界同時株安!? アメリカ株は引きずられているだけ?

今のところ予想通り

f:id:wabisukenouta:20150824201433j:plain

 何度も何度もわたくしは書いていましたが、先週末から引き続き、本日も世界的に株価が下落しています。注目すべき日経、上海、そして先週末のダウと、大きく下落しました(このブログは前日の夜に書いていますので本日のダウは含めておりません)。たぶん本日のダウも同じように下落するのでは。

f:id:wabisukenouta:20150824191657p:plain

ダウ:2015年8月21日

f:id:wabisukenouta:20150824191717p:plain

日経:2015年8月24日

f:id:wabisukenouta:20150824191804p:plain

 上海総合:2015年8月24日

 どうですか! グーンと大きく下落しています。不謹慎かもしれませんが、ここまで下がってくれればこれから購入を考えている方にはうれしいかぎりです。もちろんわたくしが言っていたように現金ポジションを積み上げておいていただけましたよね。

wabisuke.hatenablog.jp

  わたくしはアメリカ株がほとんどなので、特に下げ要因が見当たらないアメリカ経済が、世界同時株安で引きずられるように下げてくれればそれだけチャンスが大きくなります。FRBは利上げを行う前提でしたので、なにも考えなくても「あー、アメリカの景気は悪くないんだな」て考えられます。今のアメリカ株の下落はただ引きずられているだけどわたくしは考えています。

 実際、イケイケどんどんのアメリカの成長株(モービルアイ、サイバーアーク、スカイワークス、ネットフリックスなど)は値を下げていますが、老舗巨大企業(AT&T、ジョンソンエンドジョンソンなど)はそれほど株価は下がっていません。これらの銘柄を監視していると「世界同時株安? 別に」て雰囲気を醸し出しています。優良なアメリカ株を欲しかったかたにはそろそろチャンスがくるかもしれません。

 ただ、しつこいようですが、わたくしはもう少し我慢したい気持ちでいますが、もしかして打診買いするかもしれません。

 

これからを予想してみる(素人予想)

f:id:wabisukenouta:20150824201450j:plain

 もう何度も予想しているので飽きてきましたが、いくつかパターンを考えてみました。

1:各国このまま放置プレイ

 現状のまま、なにもしない状態です。この場合、今週か来週はじめに一旦株価は落ち着きを取り戻し、多少の反発がある。しかし、ここで急いで購入してはダメです。一旦持ち直したあと、再び下落が始まり、9月後半まで行ったり来たりを繰り返すパターン。本格的な持ち直しは10月からと予想。

2:アメリカ一人勝ちの利上げ

 FRBは世界の空気を読まず、アメリカの堅調な景気を背景に利上げに踏み切る。これによりさらなる世界同時株安を招き、安値で拾いたい人にはウハウハ状態。間違っても変な国の株式を買わないように。この場合アメリカ株もさらなる調整局面に入りますが、それを過ぎれば反発するはず。しかし新興国はボロボロ。新興国関連の株、通貨をお持ちの方は損切りがベスト。資金を無駄にしておくより、さっさと優良国、優良銘柄に乗り換えた方がよい。

3:アメリカは利上げを先送り。中国政府もさらなる対策

 これが今の悪い流れを抑える一番の方法かと。即効性が強いので世界の株価もすぐに落ち着きを見せるはず。アメリカの利上げが先送りされればドルが買われる理由がなくなるのでドル安にふれて株高に向かうか。

4:キナ臭い世界情勢。一発やるか

 韓国と北朝鮮に端を発したいざこざが、あれよあれよと戦争に。それに中国とアメリカも加わる。なんといいタイミングでアメリカは本国で『ジェイド・ヘルム』という名の軍事演習を開始しているのか。日本もこのいざこざに乗り遅れまいと暴君が先頭に。集団的自衛権はこのためか!

 中国の南シナ海の埋め立てに反対の東南アジア各国も参戦。大国ロシアも動き出す。仲のいい中国と連合。アラブだって黙っちゃいない。まずはみんなでISなんて蹴散らそう。そして戦争に乗っかって原油価格もぐんぐん上昇。アメリカは死の商人がぼろ儲け。なんだかんだで疲弊した国々と、やっぱり先頭を走るアメリカ。ここで世界を一つにのかけ声で新しい世界を造ろう。その名も

「ニューワールドオーダー」。

 すみません。オカルト過ぎました。

 ※と、ここまで昨日は書きました。昨日からのダウの下落、およびおふざけの謝罪と、早朝書き足しています。

 韓国と北朝鮮の協議が合意しましたね。緊張がとれたのはいいことです。懸念材料だった一つがなくなりました。オカルト的なことを書きまして申し訳ありません。

 そしてアメリカです。なんとなんと、

ダウが一時1000ドルの下落

 SP500も1900を割りましたね。これでアメリカ経済も危ないとみなさまは思いましたか?

 わたくしは逆で本日終値でダウはおよそ600ドルの下落となりました。一時1000ドルの下落から400ドル戻したわけです。これで弱い? いえいえ強いですよ。終わりにさしかかり下落しましたが、それでも400ドルも戻すとは。

 我慢我慢と書いてきましたが、ちょっと変更するかもしれません。わたくしここで一発打診買いに入るかもしれません。もちろん予想は9月までずるずるすると思っています。ただ、ここで一発入れて、さらなる下落があればそこで買い増しです。だれも底なんて予想できません。ただ万が一ここから切り返しで何も拾えなかったら、わたくし、バカすぎます。

くれぐれも投資は自己責任でお願いします。

 本日、調子よければ夜にもう一度更新するかもしれません。

この考え如何なものか。

 

 

スポンサーリンク