読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポンサーリンク

『星栞』石井ゆかり【著】を読んでみた。

星栞 2015年下半期の星占い (yukarimansion)

星栞 2015年下半期の星占い (yukarimansion)

 

  なんとなく本屋で立ち読みしているときに手に取った本でした。2015年下半期の占い本です。占い方法は星座です。星座の占いはたくさんあるので、それ系統の一冊と思って読んでみました。

 わたくしはこれまであまり星座での占いに関心はありませんでした。あるとすれば、テレビ放送されている今日の星座運勢ぐらいですかね。最下位だと「なんだよ」て思うのですが「そんな方でも大丈夫、今日は右足から靴を履いてみて」なんて開運ポイントを教えてくれるのでいいのですが、11位だと下から2番目に悪い上に開運ポイントとかないから救いようがない、と思うのですが…。

 そんなのはいいのですが、で本書はその星占い。わたくしは乙女座なのでパラパラと読んでみて、「下半期は強力な星である木星が乙女座に入ります」と書かれていて、読んでいくとなにやらすごいことが起こるとか。人生の方向が変わるとか。

 「おいおい心の準備ができてないよ」

 と思いつつも、けっして悪いことではなく、別世界に飛び込むとか、苦労もするけど、それ以上に驚くようなことが起こると書かれていました。

 もちろん本書は星座ごとにわかれて占われています。さらに占い項目として〈自分自身のこと〉〈他者とのこと〉〈外の世界〉〈内の世界〉〈恋愛について〉〈タイミング〉と6項目に分かれています。そして下半期のピックアップホロコーストと、下半期の星栞カレンダーという、カレンダーにアンダーラインとか印とかで「この日からこの日まではこう」「この日はこういった大きな何かがあるかも」とか示されていて視覚的にもわかるようになっています。

 わたくしは大きな変革の時期のようですが、みなさまはどのように書かれていましたでしょうか。

スポンサーリンク