スポンサーリンク

ギリアド、IBM、一部アメリカ株売却。現金ポジション積み上げ。

 これがアメリカの強さでしょうか。何事もなかったように株価が戻ってます。

 ニューヨークです。

●S&P500

7/13 2099.60

7/14 2108.95

7/15    2107.40

7/16    2124.29

7/17    2126.64

●NYダウ

7/13 17977.68

7/14 18053.58

7/15 18050.17

7/16 18120.25

7/17    18086.45

 ギリシャ、中国市場の下落から落ち着いた雰囲気ですね。アメリカ市場も持ち直して18100ドル前後で推移しています。これが今後どのようになるか。利上げを見越して調整するか。はたまた中国市場の混乱があるか。

●一部アメリカ株売却●

 ブログでもお知らせしていたように予定通り保有株の一部売却が完了しました。

wabisuke.hatenablog.jp

 わたくしは7、8、9月は相場が荒れると予想していますので、この時期は現金ポジションを積み上げて、大きく調整が入ったときに動けるようにしておきたいと考えておりました。

 今月初めに見られた市場の下落で、もしかして調整は終わってしまったのかもしれませんが、それならそれでよしです。現金ポジションであれば損益はないですから、“これ”と思う銘柄を買えばいいだけです。

 売却したものはバイオ大手のGILD。老舗ITのIBMです。どちらも保有枚数は少ないのでそれほどの金額ではありません。

 GILDは2年前に68.9ドルで購入。119.12ドルで売りました。2倍とまではいきませんが、それに近い株価になってました。投資金額が大きければ相当な利益でした。一旦GILDは売りましたが、成長株なのでもし調整することがあれば買い直します。

 IBMは言わずと知れた世界的企業です。2年前に174ドルで購入。170ドルで売ったので損失が出ていますが、為替差益を考慮すればプラスとなりました。といってもドルのままなので為替は考慮していません。

 ここ数年IBMの決算が思わしくなく株価も低迷しています。IT嫌いで有名だったバフェットが大きく投資したことで話題になりましたが、未だに株価は低迷しています。ただ神様仏様バフェット様なので超長期保有では有望ではないでしょうか。IBM自体もクラウドに移行中ですからね。

 そして、本当は一番売り抜けたかった成長著しいグロース株のサイバーアーク。有望株ですがなんらかの調整が入ったときに一番売られそうで株価も急落してしまうのではと思っているので売り抜けたかったのですが、現在の株価がわたくしの買値を少し下回る値なので、「うーん」と考え中です。

 これによって現在の保有株はサイバーアーク(CYBR)、ジョンソンエンドジョンソン(JNJ)、P&G(PG)の3銘柄です。JNJ、PGも売ってしまおうと思ったのですが、この2銘柄はどんな状況でも大きく崩れないバリュー株なので保有を続けます。

f:id:wabisukenouta:20150718083215p:plain

●粉飾決算だろうが●

 「利益水増し」と「不正会計」と「粉飾決算」の違いを教えてくれ、東芝。

 利益水増しという言葉なら決算でも通るのか。監査もわからなかったなんて理由が通るか。なんのための監査だ。それ相当の監査料をもらってそれでは怠慢だ。粉飾がバレても「水増し」「不正会計」て報道するメディアよ、きみたちも共犯だ。なぜはっきりと、

粉飾決算

 と報道しない。大事な大事なスポンサーだからか。政府と企業の言いなりではメディアとして如何なものか。大手企業になるとこういうことが罷り通るのが日本なのでしょうかね。

この考え如何なものか。

では今日はこのへんで。

スポンサーリンク