スポンサーリンク

うおっ! ギリシャが国民投票で「No!」。為替、株価が反応。

 日本時間の昨日の朝方。注目のギリシャ国民投票が行われました。わたくしは前々からブログでも書いていましたが、今回の国民投票は「Yes!」、ようするに、欧州連合、欧州中央銀行、国際通貨基金のトロイカが提示した救済プログラムを受け入れると予想しておりました。

wabisuke.hatenablog.jp

wabisuke.hatenablog.jp

  まずは、読者のみなさまには予想をはずしたことを謝ります。

 まさかギリシャ国民が救済プログラムに「No!」をタタキつけるとは思いもしませんでした。国民は自分たちの生活を優先するために救済プログラムを受け入れると思っておりましたが、ここまでだとは。

 これにより表面上はギリシャは救済を受けづらくなるということなのでしょうが、早速フランスのオランド大統領とドイツのメルケル首相などが集まりました。

 今回のギリシャ国民選挙は救済プログラムを受け入れるかどうかの判断でしたので即刻ユーロ離脱ではないにしても、体制側は救済プログラムを緩和するか、そうでなければギリシャを切り離すか、ということになるのではないでしょうか。

 国民投票の結果を受けて、為替、株価とも反応しました。ギリシャ問題はほとんどが欧州にかかわることなので、日本、アメリカに直接の被害はほとんどないと思いますが、為替の影響はありそうです。

 昨日の日経は大きく下げましたが、アメリカも同じく下落するようならこれはこれでわくわくする展開です。投資をお考えの方は現金ポジションを積み上げておけばいつでも出動できます。くれぐれも自己責任でお願いいたします。

 この考え如何なものか。

では今日はこのへんで。

 

スポンサーリンク