スポンサーリンク

がん予防のために卵巣摘出したアンジェリーナ・ジョリーの決断を称賛する前に考えること

 それが正しいのか

わたくしは医者でもなければ学者でもありません。地位や名誉があるわけでもありません。どこにでもいる30過ぎの男です。何者でもありません。

 

そんな男が日々感じたことや読んだ本のこと、お金からの自由を得るためにほそぼそと資産運用を行って、そんなことから、読んでくださる方が何か一つでも思うことがあればという気持ちを持ってこのブログを書いています。

 

世の中に対する影響力は皆無に等しいでしょう。それでも一人でも多くの人にこれだけは伝えたいという事柄もあります。それが批判の的になるかもしれませんが、それによって一瞬でもいいので別の視点から考えることをしていただければいいと思っています。

 

本当にこれが正しいのでしょうか。

【ロサンゼルス=中村将】米人気歌手のテイラー・スウィフトさん(25)が自身のブログで、母親(57)ががんと診断されたと公表した。米女優、アンジェリーナ・ジョリーさん(39)が3月、がんにかかるリスクを減らすため、卵巣と卵管の摘出手術を受けたと公表して以降、米国では有名人ががん治療や予防の啓発に一役かっている。

 スウィフトさんは昨年のクリスマスプレゼントとして、母親にがんのスクリーニング検査を受けるよう、お願いしたという。その結果、がんにかかっているこ とが判明。部位などには触れていないが、「言いにくいことだけど」と前置きした上で、9日(日本時間10日)に公表した。

 スウィフトさんはファンに対し、母親の言葉を代弁して、「あなたたちの親も忙しくて、病院に行くひまもないかもしれないけれど、あなたたちが言いきかせることで、早期発見につながる可能性がある」と呼びかけた。

 一方、ジョリーさんが2年前の乳房除去に続き、卵巣などの摘出を公表した米ニューヨーク・タイムズ紙への寄稿には、複数の医師からコメントが寄せられた。ある男性医師は「一人の医者が自分のキャリアの中で助けられる患者の数より、彼女が助けた数の方が多いだろう。自分の経験を世界中の人々と共有したことはすばらしい」とたたえた。

 ジョリーさんの告白後、英有名タレント、ケリー・オズボーンさん(30)も「私にもがんの遺伝子がある。アンジェリーナの決断の難しさがよく分かる。いつか、私も(彼女のように)除去するだろう」とテレビ番組で述べた。

 今回のスウィフトさんのブログをふまえ、米人気歌手のレディー・ガガさん(29)がツイッターで「あなたとお母さんや家族のことをみんなで祈っているよ」とコメントしたことで、「啓発の連鎖」はさらに広がる可能性もある。ジョリーさんが乳房除去を公表した後、遺伝子検査を受け、除去手術を選択する女性 が増える「アンジェリーナ・エフェクト(効果)」(米タイム誌)と呼ばれる現象が起きた。

ソース元:yahooニュース

 

がんを予防するためにここまでする必要があるのでしょうか。女性の大切な卵巣を摘出することが、がん予防のためによいことなのでしょうか。リスクを減らすためにこのような大事な決断をしなければならないのでしょうか。

 

わたくしは女性ではありません。ですから多くの女性から身勝手な発言だと非難されるかもしれません。わたくしはがんを患っているわけでもありません。ですから多くのがん患者から非難されるかもしれません。

 

それでもわたくしはこの記事の内容は不快でなりません。これはがん予防というものではなく、著名人を広告塔に使ってがん予防、さらには「卵巣なんて切除しなさい」と、煽動しているだけではないでしょうか。まったくもって不快です。こういうことを平気で取り上げるから、よく調べもしないで、有名人がやっているから。著名人がやってるからと、いとも簡単にそういった行為が広がるのです。

 

少し前からがん予防がん予防と、なんでもかんでもがんを予防するために事細かに調べて、少しでも怪しいものが見つかったら切除とか、そういったことが多くなっています。

 

がん細胞なんて人間の体に毎日生まれては死んでいます。ではなぜがんが成長しないのか、簡単な話、それはがんを抑える免疫力が強いからです。体が弱ったときにがんを抑えられなくなってそれが成長する。なんでもない人が毎日「がんになったらどうしよう」なんて考えても仕方がないことだと思いますし、そうやって考えている事自体健康に悪い。

 

「がんの遺伝子」とか言っているけど、がんになる人はなるし、ならない人はならない。勝手な言い方かもしれませんが、ただそれだけです。

 

わたくしの母方の家系はほぼがんで亡くなっています。わたくしは子どものころからがんを患った親戚と暮らしていました。片方の乳房を切除した親戚の姿も見ています。前立腺を患った親戚。がんと壮絶な闘いをして亡くなっていた親戚。彼らの苦しみを嫌というほど見てきました。今、その中で生きている人はいません。

 

それでもわたくしは予防のために、がんになる可能性を考えて切除などの行為は違うのではないかと思うのです。がんになりやすい家系、がんの遺伝子を持っている家系というのなら、わたくしの母は70歳を手前にしてなお元気です。

 

がんで死ぬ人はほとんどいません。死ぬのは過酷ながん治療によって亡くなっていくのです。

 

わたくしはがん予防もアンジーに対してもどうとも思っていません。予防は大事です。毎日健康に暮らす。栄養もしっかりとる。ストレスをためない。予防は大切です。

 

アンジーも嫌いじゃないです。彼女の卵巣摘出の決断は、彼女が決めたことであればそれはそれでいいと思います。ただ、だからといってそれを世界に広める必要はないと言っているだけです。「アンジェリーナ・エフェクト」と言っているバカ報道には呆れます。

 

がんとどう向き合うのか。もしがんになったとき、がんと闘うのか。共存するのか。それは患者さんご自身でしっかりと調べ、考え、相談して決めることだと思います。けっして雰囲気に飲み込まれないでください。見極める力を養ってください。

がん治療で殺されない七つの秘訣 (文春新書)

がん治療で殺されない七つの秘訣 (文春新書)

 
効果がないどころか超有害!  ワクチンの罠

効果がないどころか超有害! ワクチンの罠

 

 

では今日はこのへんで。

 

スポンサーリンク