スポンサーリンク

中吊り広告がなくなれば『中吊り大賞』もなくなるのか

中吊りが消える

2015年秋から山手線に新車両が導入されます。車いすやベビーカーのスペースを広く取り優先席も多くなるそうです。

 

そんな新車両から中吊りが消えるようです。代わりに広告が流れるモニターを増やして対応するようです。

 

本などを読むほどでもない短時間の乗車なら、ぼーっ、と中吊りを見ることが多いから意外に中吊りはいいものだと思っています。

 

立っていればどこからでも眺めることができます。備え付けのモニターは角度によって観えなかったりします。

 

モニター数を増やすらしいので車両の随所につくのでしょうから大丈夫なのでしょうが、それよりも『噂の東京マガジン』の「中吊り大賞」が心配です。まあ、山手線だけの話ですが心配することはないのでしょうが、この流れだといつの日か中吊りは消えてなくなりそうですね。

 

では今日はこのへんdね。

 

スポンサーリンク