スポンサーリンク

人間万事塞翁が馬

 

 人間万事塞翁が馬(じんかんばんじさいおうがうま)

『淮南子(えなんじ)』中国古書より

 

 その昔、中国北方の塞に占いが巧みな老人が住んでいました。そのさらに北には胡(こ)という異民族がいました。

 ある時、その老人の馬が胡の方角に逃げていきました。近所の人々は気の毒がり、老人をなぐさめました。ところが老人は残念がる様子もなく、

 「これが幸福をもたらすかもしれない」

 と言いました。

 ある日、逃げ出した馬が駿馬を連れて戻ってきました。そこで近所の人々が祝いに行くと老人は、

 「これが不幸をもたらすかもしれない」

 と言いました。

 しばらくしたある日、老人の息子が駿馬から落ちて足の骨を折ってしまいました。近所の人々がなぐさめに行くと老人は、

 「このことが幸運に繋がるかもしれない」

 と言いました。

 一年後、胡の異民族が城塞を襲撃しに来ました。城塞の近くの若者はすべて戦いに行き命を落としましたが、足を負傷していた老人の息子は戦いに行かずに済みました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク