スポンサーリンク

ギリアドより熱くなるか!? ジョンソンエンドジョンソンどうするの!?

 

 サイバーアークを購入するまではポートフォリオで一番大きな割合を占めていたのがジョンソンエンドジョンソン(JNJ)でした。株価は100ドルを前後しています。企業自体大きすぎて株価変動に面白みがなのですが、ゆっくりと力強く上昇しています。

 めずらしく気になるニュースがあったので載せておきます。2月のニュースです

25日 ロイター:米バイオ医薬品ファーマサイクリクスPCYC.Oが身売りを検討中で、米医薬品・日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)JNJ.Nとスイスの製薬大手ノバルティスNOVN.VXが買収に関心を示している。ブルームバーグが25日、関係者の話として報じた。
ファーマサイクリクスの売却額は170億─180億ドルに上る可能性があるという。

3社の関係者はコメントを控えた。

ファーマサイクリクスは血液がんの治療薬「イムブルビカ」をJ&Jのジャンセン部門と共同で販売している。ファーマサイクリクスによると、同薬の米国での売上高は今年10億ドルに届く見込みだという。
25日の米ナスダック市場で、ファーマサイクリクス株は、16.9%高で引けた。

 このニュースで出てきたファーマサイクリクスはすでにジョンソンエンドジョンソンと共同開発しているのでつながりがあります。買収先としては有力かもしれません。

 以前紹介したジム・クレイマーの著書で筆者は、大きくなりすぎたジョンソンエンドジョンソンは分割、スピンオフを行い、医薬品、消費者製品、医療機器の3部門にするべきだとしています。またファーマとの共同開発にも触れていて、もし医薬部門が独立すれば既存の製品群に加え開発途上の医薬品も含めれば十分に競争できるとしています。

 さらに今月の2日にはこんなニュースがありました。

2日 ロイター:米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)JNJ.Nは、傘下で心臓関連の医療機器を手がけるコーディスを薬剤卸大手カーディナル・ヘルスに19億ドルで売却することで合意した。心臓血管用ステント事業からの撤退を完了する。

カーディナルはコーディスの取得で医療機器の卸売事業拡大を目指す。買収に伴い同社の2017年の収益は1株0.20ドル増加する見込み。
コーディスは売り上げ全体の7割程度が欧州、中国、日本など海外となっている。

  これだけではジョンソンエンドジョンソンの方向性はわかりませんが、このような動きが多くなればもしかすると企業分割が現実味をおびてくるかもしれません。

 

 と、昨日書き終わっていましたが、夜に以下のニュースがありました。

 

米J&J、ファーマサイクリクス買収で数日中に合意か

4日 ロイター:米医薬品・日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)JNJ.Nによる米バイオ医薬品会社ファーマサイクリクスPCYC.Oの買収について、両社が数日中に合意に達する可能性がある。英フィナンシャル・タイムズ(FT)紙が4日、関係者の話として報じた。

J&Jの提示額は、ファーマサイクリクスの企業価値を時価総額の175億ドル近辺か、それ以上と評価する水準になると見込まれているという。

ファーマサイクリクスは血液がんの治療薬「イムブルビカ」をJ&Jのジャンセン部門と共同で販売している。ファーマサイクリクスによると、同薬の米国での売上高は今年10億ドルに届く見込みだという。

モーニングスターのアナリスト、ステファン・ケネビル氏はロイターに対し、ファーマサイクリクスとの既存の関係を考えればJ&Jが買収に関心を持つのは理にかなっているだろうと語った。

  その2時間後にはこんなニュースが。

米アッヴィ、ファーマサイクリクス買収へがん治療薬強化

4日 ロイター:米バイオ医薬品大手アッヴィABBV.Nは、がん治療薬メーカーの米ファーマサイクリクスPCYC.Oを約210億ドルで買収すると発表した。

アッヴィはファーマサイクリクス株1株当たり261.25ドルを現金と株式の組み合わせで支払う。これは4日のファーマサイクリクス株終値に13%のプレミアムを上乗せした水準。

アッヴィのリチャード・ゴンザレス最高経営責任者(CEO)は声明で、ファーマサイクリクスの抗がん剤インブルビカについて「アッヴィのがん治療薬を補完するだけでなく、あらゆる悪性血液疾患で強力な臨床効果が示されている」と述べた。

インブルビカは4種の血液がんの治療薬として米当局から承認されており、ファーマサイクリクスによると同薬の売上高は2015年に米国で10億ドルに達する見通し。

 ファーマの株価が前日比で10%近く飛びました。このあとどうなるのでしょうか。楽しみです。

ソース元:ロイター

 

では今日はこのへんで。

 

スポンサーリンク