スポンサーリンク

奨学金返済が厳しい現実。羊の皮をかぶった狼

 こんなニュースがありました。どうしても他人事には考えられなかったので取り上げました。

 高校、大学時代に借りた奨学金を返還できないとして、北九州市小倉北区のフリーターの男性(40)が福岡地裁小倉支部で自己破産の手続き開始決定を受けたことが分かった。男性には延滞金を含めて約283万円の返還義務があるが、「奨学金のために消費者金融などで借金しても返せない。そもそも多額の金を貸してくれない」と説明。識者は、非正規雇用などで若者の貧困が拡大すれば、今回のように奨学金返還のみでの自己破産申請が増える可能性を指摘している。

 男性は父親が事業に失敗した影響で、1990年の高校入学時から大学卒業まで日本学生支援機構から無利子の奨学金を借りた。高校時は毎月1万1千円、大学時は同4万1千円で、当初の返還期間は93年12月から2012年9月。多いときで年約16万円を返還する計画だった。

 だが、大学3年時に精神疾患を患ったこともあり、大卒後に就職できず、計9万2千円を支払っただけで滞納。アルバイトをして生計を立てる生活で、返還期間の猶予も受けたが、返せなかったという。昨年8月、返還を求めて機構が提訴。同11月、未返還の奨学金と延滞金の計約283万円の支払いを命じられた。

 男性は現在、二つのアルバイトをしており、収入は手取りで月約14万円。光熱費や家賃、家族への仕送りなどを差し引くと、生活費は2万円ほど。貯金はなく、返還のめども立たないことから、自己破産の申請に踏み切った。開始決定は今月4日で、債権者から異議申し立てなどがなければ4月にも破産が決まる。

 学識者や弁護士などでつくる「奨学金問題対策全国会議」(東京都)によると、奨学金返還のために消費者金融から借金するなどして多重債務に陥り自己破産にいたるケースは以前からあったが、最近は奨学金だけで自己破産するケースが出始めているという。


ソース元:西日本新聞経済電子版

 

 最悪のニュースです。いつかはこういった問題が表面化するとは思っていましたが最悪のなにものでもありません。自己破産を選んだ方も、奨学金を貸し付けた機構も。

 わたしもこの自己破産した方と同じ状況を経験しています。自己破産はしてませんが大学の学費のために機構から260万円ほど借りています。

 借りたものは返さなければなりません。びた一文もまけてはくれません。きっちり全額返済しなければなりません。返済はきついですが、奨学金を借りられたから学校に通うことができたという感謝はあります。学校を卒業して就職するれば奨学金は返せる。そういう思いで借りる人は少なくないはずです。とにかく学校を出たい。しかし経済的にきつい。奨学金に頼る。家庭の経済事情で資金がなければ奨学金を頼る、この流れになるのは普通のことかもしれません。

 ただ、わたしの経験上はっきり言えます。金を借りてまで学校なんて行こうと思わないほうがいい。特に学生支援機構の奨学金を借りてまで行こうとするのは最悪です。金貸しとしては消費者金融より悪いとわたしは思います。

 アメリカはこの問題が相当前から表面化しています。お金を借りて大学卒業したところで就職がない。まともな仕事もない。借りた金は返済できなくなりますが返済は毎月あります。行き詰まった人はどうすることもできません。そこでどうするか。アメリカは考えました。ミリタリーです。ミリタリーに行けば返済免除というものがあります。これは強制ではありません。あくまでも任意入隊ということになっていますが、返済困難な人にはこの道が救いに見えます。軍にとっては徴兵しなくても兵隊が増える。最悪のビジネスです。これは日本でも行われつつあります。

f:id:wabisukenouta:20150211135341p:plain

写真、情報元:阿修羅

 そもそもこの奨学金制度は変なのです。まず無利子と有利子の枠があって、優秀な人は無利子でその枠から漏れた人は有利子になる。この利子はかなり低い設定になっていますからもちろん消費者金融から比べれば雲泥の差です。ですが学力の差で利子の有無を決めること自体が変。なぜこういう枠組みになったのかわかりません。学力が低いことと家庭の収入の低さは関係しています。収入が低い家庭の子どもの学力は、収入の高い家庭に比べて低くなっています。調査でも証明されています。どこの家庭もそれに当てはまるとは思いませんが、そんなことで利子の有無を決めること自体おかしい。多少の利子でも返済するほうにとっては苦しいのです。

 それよりも、奨学金自体を根本的に見直したほうがいい。今の時代大学出たところでまともな就職先なんてありません。せっかく就職してもすぐに辞めてしまったり、就職できず契約、派遣労働、さらにはフリーターとして働かざるを得ない人のほうが圧倒的に多い。不安定な雇用状態で生活をおくり、貯蓄もできないほど低い給与から多額の奨学金を返済することなんて困難のなにものでもありません。

 しかし機構は、申し込みに対して紙の提出と簡単な家計調査で奨学金を貸し付けます。有利子の場合、毎月3万、5万、10万などの枠から選んでもらい貸し付けます。借り手にとっては申し込みだけで毎月小遣いが入ってくる感覚になります。毎月毎月通帳に決まった額が入ってきて、時間が経つと借りている感覚が薄れてきます。そして膨れ上がった借金の返済が卒業後はじまります。まともな仕事につけなければ地獄の返済となります。

 わたしがなぜ消費者金融よりタチが悪いと言うのはこの部分にあります。はじめに断っておきますが、わたしも奨学金を借りた身ですから、それによって大学に行けたことは感謝しています。ですが意見を求めれれば借金してまで学校行くな、と言います

 なぜ消費者金融よりタチが悪いと思うのか、それは貸し出し枠が決まっていないことと、取り立てがないことです。

 わたしが借りていたときは、基本的に申し込めば決まった額が毎月振り込まれ、自ら止めなければ卒業まで借りられました。気がついたときには思っていた以上に金額が大きくなっています。それでも就職が決まればと、考えるのですが、借金しているときの「たら、れば」ほど危険なものはありません。奨学金未返還33万人の多くの人は返済に回せるほどの収入がなくて困っている人だと思います。明日のこともわからないのに、数年先の就職のことを「たら、れば」で決めるのは危険です。

 こんな時代だとわかっているのに機構も機構です。未返還が多くなるとわかりきっているのだから上限を決めるとか、最悪は貸し付けしないとか手をうたないと、借金地獄に落ちる若者がかわいそうです。学校になんて何歳でも入ることができる。わたしだって社会人枠で25歳のときに小論文テストだけで入った身ですから。今の時代大学出てないことなんて、多額の借金に苦しむよりまし。そういうことを考えないで金貸す機構も怠慢です。

 それと、取り立てはやったほうがいい。間違えないでください。チンピラみたいな人が「てめぇ借りた金返せや!」て押し掛けるべきとかじゃなくて、卒業後に返済を始めるのではなくて、貸し付けている在学中に即返済をしてもらう。例えば毎月5万借りるなら同時に15000円の返済が始まる。3万なら9000円の返済とか。それじゃ指定の金額借りる意味ないと思うかもしれないですが、返済がどういったものかわからせる、その感覚を知ってもらうことが金を借りる上で必要だと思います。

 金を借りることは簡単なんです。しかし返すのは何十倍もしんどい。それが若いうちはわからない。借金をする責任と重大さ、そして返済という恐怖を知らないと金は借りないほうがいい。消費者金融は催促の電話、悪ければ取り立てとかあるから、借金の怖さを知ることができるけど、機構は卒業まで野放し状態。学生気分で社会に放り込まれた若者に背負わされた多額の借金。収入なくても機構がはじめる毎月の返済。滞納するとクレジットに傷がつくブラック扱い。羊に見えたのが、いざ金返せとなると牙をむき出した本当の姿が見えます。

 わたしは断言できます。学費のために絶対借金はするべきではない。借金は返すものとわかっているのかの意識の問題がありますが、借りるべきではない。返せないのは借りた方が悪い。それでも大学に行きたい気持ちはわかります。ただ、なんとなく行くために金は借りるべきではない。行きたくてしょうがなければ金を貯める。貯めてから学校に入る。借金はするな。

 もし、奨学金を借りて学校に行くかどうか悩んでいる人から意見を求められれば、わたしはこのように提案します。

 まず、金は借りるな。学校に行きたいならアルバイトでもなんでもいいから金を貯めろ。もし金が貯まって、それでも学校に行きたい気持ちが続いていたならそれを入学金に使って学校に行く。

 学校ではアルバイトをして学費を貯める。どうしても奨学金が必要な場合はアルバイトの収入で足りない分だけを奨学金で借りる。もっと金が必要になったときは奨学金じゃなくアルバイトで収入を増やす。「それでは授業が」とか言うやつに限ってろくに勉強なんてしてない。アルバイトで勉学に支障が出るならはじめから学校なんて行くな。借金してまで学校なんて通うな。それぐらいの意識を持たないと金なんて返せない。

 アルバイト収入と奨学金でなんとか学生生活を送ることができても余裕資金は使うな。1円でも貯めろ。無駄なものに金は使うな。とにかく奨学金はないものと思え。奨学金は万が一のときに使うものだと思っておいたほうがいい。

 卒業後、地獄の返済が始まる。卒業したと思うな。その卒業証書はまだきみのものではない。学生支援機構のものだ。最後の1円を返し終えてはじめてきみのものになる。

 ここで、就職が決まっている場合はその仕事を続けている限り返済は問題ないだろう。しかし就職できなかった、あるいはフリーターの身である人はどうするべきか。

 まず、貯金がいくらあるか。例えば200万の借金があって200万の貯金があるとする。これは稀なケースだが、わたしなら全額一括で返済する。もちろん当面の生活費もあるだろう。だからなんでもいいから安定した収入源を得る。アルバイトでもなんでもいい、毎月の収入を確保する。借金が返済できればなにも問題はない。

 では、手元に50万ぐらいの場合はどうるすか。悩む事なく機構に猶予措置、減額措置を申し込む。機構も悪魔ではない。しっかりと証明できれば猶予もしてくれるし減額もしてくれる。これは毎年の収入状況を証明できれば通算で5年ぐらいは有効だったはず。とにかく返済に困っているなら機構に相談する。調べてみる。それさえ怠るようなら救いようがない。

 さて、はれて猶予、減額してもらえたら、とにかく収入を得るためにがむしゃらになる。遊んでいる暇はない。きみは借金に追われている身なのだ。収入を貯金する。無駄遣いはしない。返済のために食う物も減らせ。タバコや酒なんてもってのほかだ。芋やもやしでも1円でも安い物食って生き抜く。おしゃれなんてしている場合ではない。歯を食いしばって借りた金を返すんだ。そして同時に金について学ぶのだ。古本屋には金に関する本が安く売っている。金とはどういうものなのか、金とはどういった生き物なのか、どうすれば金持ちになれるのか。きみなりに金についての知識を身につけるのだ。食費や嗜好を惜しんでも借金しているやつは金について学ぶことを惜しんではならない。金との付き合いかたはだれも教えてくれない。

 いくらか金が貯まっても返済を開始してはならない。返済できるほど収入はないはずだ。低年収を証明できれば猶予は続けられる。猶予が続いている間はとにかく貯めて、学んで、力をつけろ。大学なんかじゃ本当に生きていく力や技を身につけられない。そうしてしばらくすればきみなりの返済プランを立てられるはず。そこまでくれば生きていく力が備わっているはずだ。

 自己破産のすべてを悪いとは思わない。生活を立て直すための選択肢の一つかもしれない。しかしそこに至るまですべてを出し尽くしたのか。いろんな角度から挑んだのか。持てる知恵を活かしたのか。一つひとつの可能性を潰していって、最後に残ったのがそれなのか。

 金は借りるほうが悪い。返せないのは自分自身のせいだ。家庭環境、今の現状、そんなのものは関係ない。きっちり返せ。だれかに苦労を話してもだれも救ってはくれない。慰めの言葉なんて1円にもならない。人は離れていく。顔では泣いて心では他人事だから笑っている。しかしだれがどう思おうが、返済はきっちり毎月やってくる。耐えられなくなる。恐怖と不安で逃げ出したくなる。借金は地獄だ。

 だけど地を這ってでも、土を食ってもで返せるものは返せ。それが金を借りた者の責任だ。金を返せばきみは自由の身だ。背は傷だらけだろうが、もう背負ったものを再び担ぐことはない。仕事での苦労話をするやつよりも、金を返し続けているやつのほうがほよど強い人間だとわたしは思う。会社という箱の中で騒いでいるやつよりも、1000円を稼ぐのがどれほど大変なことなのかを知っているやつのほうがわたしは強い人間だと思う。

 諦めるな。這いつくばってでも生きろ。いつか笑った奴らを見返してやれ、苦しいときに傍にいてくれた人間が真の友人だ。

 忘れるな、勝負はこれからだ。

 

スポンサーリンク