スポンサーリンク

『ストーリーでわかる財務3表超入門』國貞克則【著】を読んでみた

 

 会計に興味がない人でも簿記という言葉を聞いたことはあるはず。書店には検定本がずらりと並んでいます。関係なければまず手に持つことはありません。わたしもそうです。今まで経理の仕事なんてしたことないですし、これからもないと思ってました。

 しかし、経理の仕事につかなくても、事業をはじめようと考えている人や、株をやっている人は銘柄の決算報告書など、会計について知らなければならないこともあります。直接仕事だけに関係しているわけではありません。

 本書は簿記の「ぼ」の字すら知らない、わからない人には最適です。わたしも超初心者といっていい身分ではありましたが、これを読んで「おおっ! そういうことだったのか」と理解できました。本当に初心者向きなので、多少でも知識がある人には物足りないレベルだと思います。

 著者は『複式簿記のPLとBSを、収支計算書を通して学ぶといまったく新しい会計の勉強法を提案したもの』と書いています。
 PL(損益計算書)BS(貸借対照表)CS(キャッシュフロー計算書)のつなが…、いきなりPL、BS、CSと言ってもわからないですよね。わたしも得意げにこう書いていますが読んだからわかるようになったのです。この3つのつながりをストーリー仕立てに事細かく説明してくれます。

 ストーリーはストーンアクセサリー店を起業した主人公の女性を中心に進みます。まったくの素人の女性に協力してくれる父親や親戚などを通して会計の基本、株主とは、資本主義の意味が説明されていきます。

 本書は3表を並べて実際に金額を記入していくので流れがよくわかります。金額は簡単に把握できるように大まかなものになっています。設定は株式会社なので資本金、借入金からはじまり、売り掛け、買い掛け、最終的には決算までの流れになっています。本式の簿記、決算書はこの書籍で紹介しているものよりもさらに詳細であることに間違いはないのですが、基本の流れということでは会計を知るには十分なものとなっています。

 簿記、会計を勉強していきたい人には、本書をきっかけにすれば入りやすいと思います。

ストーリーでわかる財務3表超入門―お金の流れで会計の仕組みが見えてくる

ストーリーでわかる財務3表超入門―お金の流れで会計の仕組みが見えてくる

 

 

スポンサーリンク