スポンサーリンク

北海道のみなさん、ノーゲームデーですよ。

 

 ネットニュースにこんなのがありましたよ。

北海道教育委員会が、毎月第1・第3日曜を「ノーゲームデー」とするよう呼びかけ、話題になっています。

 子どもたちに「ネット利用も含めた望ましい生活習慣」を定着させる「どさんこアウトメディアプロジェクト」 の一環。この日は大人も子どももゲームをしないで、家族の団らんや体験活動、読書活動になどを楽しみましょう、という試みです。昨年12月のシンポジウム で提案され、来る2月1日にはキックオフイベントを道内の青少年体験活動支援施設で開催する予定。当日はスノーラフティングや釣り体験などのアウトドアイ ベントも併催されます。

 全国調査によると、北海道の子どもの学力は全国平均を下回っており、ゲームやネットの使い方を見直すことでこれを改善するのが狙い。ただ、 Twitterなどでは「余計なお世話じゃない?」「『ゲーム禁止→学力向上」って本当に思ってるのかな?」など今のところ否定的な意見も多いようです。

 ソース元:ねとらぼ

f:id:wabisukenouta:20150126203304p:plain

 すばらしいですね。どさんこの学力が低い原因の一つにゲームがあるみたいです。一家だんらん、体験活動、読書をしないものネットやゲームのせいと読み取れますね。いやー、わたしの生まれ故郷の北海道はどうなっているのでしょうね。本気で道や自治体はそんなこと考えているのでしょうかね。これじゃ、包丁で人を殺したら、包丁があるから悪い。練炭で自殺したら練炭を売る店が悪い、と言ってるのと同じでしょ。

 北海道教育委員会のホームページを観てたら『ほっかいどう「学力・体力向上運動」メッセージ』なんていうものあって、いかにも北海道の子どもたちが頭悪くて体力ないみたいなふうになってます。これって北海道で、はやってるのかな?

北海道教育委員会のホームページ

 これって、家族の問題でもあり、学校や教育委員会の問題じゃないの。ゲームする子どもが悪くて、それを提供している企業が悪いってことが最初に来ちゃうのどうなんだろう。

 わたしたちが子どもだったころのファミコンが出てきた時代と、今の時代なんて比べ物にならないくらいネットとか高機能のゲームとか当たり前で、そういった時代の良さもあり悪さもありで、学力低下、体力低下の原因を決めつけること自体無意味じゃないのかな。

 学校で、はやっている物や事の話題に子どもがついていけないと、それだけでいじめとかハミられたりするし、子どもも生きることに必死だと思う。わたしが鼻たれ小僧だった時代より、今の子どもは何倍もませてるし、そういったことに敏感だと思う。

 子どもを育てるって、家では親の責任で、学校にいる間は学校や教師の仕事。勉強を教えるだけが教師の仕事じゃないし、子どもにもっとアウトドアになってほしかったり、少しでもゲームを止めさせたいなら、魅力的な授業や活動を見せなきゃダメじゃないのかな。妖◯◯ォッチより楽しいものつくらなきゃ。

 家ではもちろん親が子どもを見て、決めごとをするなり、ゲームじゃないほかの興味を引くようなものを提供したり、面と向かって話さなきゃダメだと思う。子どもと一緒にデ◯◯ニー◯ムツムとか、いつまでも◯INEやってる場合じゃないよ。

 それにしても北海道てそんなに学力低いのかな。激しい学力戦争の仲間に入りたいのかな。学力高いことはいいことだけど、そこばかり見てもね。北海道の人って優しいんですよ。たまに帰ると、なんでこんなに優しいのかなって思うぐらい。女性は美人ばかりだし。

 

では今日はこのへんで。

スポンサーリンク