スポンサーリンク

『居眠り磐音 江戸双紙(白鶴ノ紅)』佐伯泰英【著】を読んでみた

 

 今回の『居眠り磐音』は尚武館道場住込門弟の田丸輝信が重富利次郎と松平辰平の抜けた穴を埋めるべく苦悩する姿や、奈緒が江戸にて紅屋を開くなど、磐音の身近な変化。さらには老中田沼意次の失脚。また磐音が生まれ育った豊後関前藩の藩主の正室のお代の方の還俗など、今回も読み応えありの内容になっています。

 将軍家治の死に伴い次第に力を失っていく老中田沼、それでも磐音との闘いの決着はまだまだ続きます。

 筆者の佐伯さんは物語をどのように完結させるのか。楽しみです。

 

スポンサーリンク