スポンサーリンク

『居眠り磐音 江戸双紙(失意ノ方)』佐伯泰英【著】を読んでみた


 『居眠り磐音』を読み終わり、ここで紹介するたびに申し訳なく思っております。全然書評になってないですから。けっして回し者じゃないですよ。純粋な一読者です。

 今回は老中田沼意次の倅、若年寄田沼意知の死によって幕府を掌握していた老中田沼の衰退の雰囲気が徐々に広がりをみせていく様子が描かれています。そんな江戸から一人離れた磐音配下の弥助が伊賀へ行き、そして山形へ向かいます。また久しぶりの登場となる絵師北尾政重の小梅村の磐音邸での居候の様子など、盛りだくさんの内容となっています。

 さらに、とうとう磐音と遭遇する老中田沼意次。そのやりとりに緊張すること間違いなしです。

 

スポンサーリンク