スポンサーリンク

2015年経済勝手に予想

 2015年経済予想

 わたしが忘れないように2015年の経済予想を書き留めておきます。勝手に思っていることですのでご了承ください。

 

  • 原油価格30ドルまで下落

 去年の後半から急激に下落してますね。原油価格押し上げのための減産はしないとサウジアラビアが強気にでたこともありますが、アメリカのシェールオイルの影響もありそうです。原油安で2015年のアメリカ経済はさらに順調に進むでしょう。大きな選挙もないですから。中東、ロシアなど、懸念がないとは言わないですが、大きく崩れはしないと考えます。

 シェールオイルに対抗するためサウジアラビアは減産しないと一部で言われていますが、ISIS(自称イスラム国)の一部資金源の原油密売への対抗などもあるでしょうが、ロシアへの締め付けという面が強いのではと思います。原油価格の下落でロシアの資金源である天然ガスも大打撃を受けていますから。シェールオイルへの対抗と言っておきながら、実はアメリカと結託していそうですね。

 ここ最近のWTI原油先物は48ドルぐらいでしょうか。2009年1月、2月あたりで30ドル付近まで下落しているので、ここまでの下落はあるかもしれません。

 

  • 中国ロシア新通貨圏

 ロシアの窮地を救ったのは中国ですね。ロシアはガスを中国に売れるし、中国も原油安の影響でロシアから安くガスを買える。

 さらに中国ロシアが自国通貨での決済を行うんですからドル排除、さらには国際通貨基金(IMF)の地位の切り崩しにかかっているような感じですね。

 

  • さらなる円安。130円もあるか。

 困ったものですね。アベノミクス、黒田バズーカーであれよあれよの円安。円安のなにがいいのやら。みなさん、恩恵ありましたか? 資産を持っている人は恩恵にあずかったでしょうが、多くの人は株などの資産なんてもってないでしょ。少ない給料から毎月貯金してるぐらいじゃないですか。税金は上がるのに給料は上がらない。持ってる円資産は1ドル80円から120円に価値が下がりました。海外旅行で1ドルに交換するのに40円多く払わないとダメになったんですよ。給料上がらない時代に円の価値下げてどうするの。自国の通貨弱くして喜ぶってどうよ。2015年は円安の弊害がより濃くあらわれそうですね。

 

  • 金、銀価格

 わたくしが個人的に注目しているのが金、銀価格です。一時期の金価格高騰からだいぶ下落しています。そろそろ底ではないかと思っておりますが、米経済が順調に進み、金利引き上げを臭わせてくれば、もう少し下がるかもしれません。最近の金価格はオンス(約30グラム)が1200ドル前後。円ではグラム5000円前後で推移しています。原油価格と同じで2015年はグッと値を戻すかもしれません。個人的には十数年前に金をグラム1800円ほどで買っていたので、今の円価格で魅力は感じません。

 金より銀のほうが注目ですね。最近の銀価格はオンス16ドル。円ではグラム70円ですか。銀は工業用需要があるのできき金より面白いかもしれません。まあ飛び出して高騰とはならないと思いますが、仕込むな今でしょ。

 

 では今日はこのへんで。

 

wabisuke.hatenablog.jp

スポンサーリンク