スポンサーリンク

LCCのジェットスター(Jetstar)に乗ってみた【1】

 初のLCC搭乗

2014年年末、用事があり故郷に行きました。北海道ということもあり行くときは飛行機を使うのですが、大手航空会社だと何日も前から予約しないとけっこうな金額がかかります。それでも航空会社が用意している特割りなんかで予約しても15,000円前後、安くないですよね。

 

スカイや北海道の翼ドゥは、予約の時期や時間帯によってかなり安くなります。わたしもここ最近はよく使っていました。それでも時期によってはそんなに安くはなりません。ましてや12月中旬のチケットなんて。貧乏人には苦しいです。

 

ある朝の朝食中、景気のいいCMが流れました。そのCMで決めたんです。

 

「Jetstarじゃないでスター」

 

桐谷美玲さんが壁をぶっ壊すCM。成田・新千歳間、5,980円。

 

考えられん! これしかない!

 

早速調べて実感。本当に安い。数日前でも安い。早朝便なんて4,980円とかありえん。迷うことなく予約画面に情報を入力して終わりにさしかかったとき、

 

「待てよ、成田だ」

 

そうです、使い慣れた羽田ではなく成田なのです。慣れてる慣れてないは別にいいとして、成田までの交通費は安くない。私の家から羽田まで電車で1,000円はかかりません。リムジンバスを使っても1,000円ちょっとです。成田なら3,000円ちかくかかります。航空チケット料金にもよりますが、せっかく安く購入したとしても成田までの交通費が高ければ10,000円を超えてしまいます。

 

ここをどう考えるか。それでも安いことに変わりはないのですが、なにか引っかかるんですね。成田までの交通費。

 

ですが、諦めなければ見つかるものです。成田までの格安移動手段があるのです。LCCならぬLCC高速バス。それが、

 

 『THEアクセス成田』


東京・銀座~成田空港 ラクラク安心1,000円高速バス THEアクセス成田

 

これ、本当に驚きました。

 

銀座・東京駅⇔成田空港が1,000円です。1,000円で成田空港まで行けるんですよ。すぐに調べました。ちゃんとありましたよ。なにかウラがあるのかなとも思いましたが、そんなことはありません。

  • バスは大きくピカピカ、トイレ付き。
  • 本数も30分に1便(成田からは20分に1便です)。
  • 予約なしで並ぶだけ、すぐ乗れます。

これでもう迷うことはなくなりました。Jetstar。早速予約です。

 

10時ごろの便を予約。料金は6,990円。7,000円切るなんてすごい。そのまま次のページに進むと、あれ? 合計金額が8,000円超に。よく見ると『追加オプション』が勝手に指定されている。前のページでよくよくチェックを気にしてください。オプションは受託手荷物など機内預けの荷物がある人は別途料金がかかります。

 

さらにチケット変更などにも対応してくれるなどのオプションとなっています。手荷物なし、予約変更もしない、という人はここのチェックを外して進んでください。

 

座席指定でも座席指定料金なるものがかかります。400円ぐらいだったはず。これも指定しなければ料金はかかりません。

 

最終的に6,990円にクレジットカードの手数料430円は購入者持ちになるので、チケット料金は合計で7,420円。クレジット手数料までこっち持ちか、とも思いましたが7,420円。破格ですよ。これで成田までの移動費が1,000円。10,000円どころか9,000円も切りましたから満足です。

 

(※ちなみに、Jetstarの座席指定ですが、48時間前からできるWebチェックイン時に座席指定ができます。無料で。ただこの時点ではすでに多くの席が埋まっているので選択の幅はありませんが選ぶことはできます。わたしはこれで空いていた席を選びました)

 

移動準備は万全。あとは当日を待つのみ。

 

では今日はこのへんで(この話続きますよ)

 

スポンサーリンク