スポンサーリンク

管理社会の足音か。マイクロチップを体内に

 数日前テレビを観ていたら、スウェーデンの芸大に通うある学生の手にマイクロチップを埋め込んで生活している、という短い特集が流れていた。
 マイクロチップには学生番号などの情報が入っているらしく、手をかざすだけでドアが開いて便利、ポケットがないときに鍵を持たなくていい、などとうれしそうな顔でこたえていた。

 マイクロチップは長さ1センチ、直径2ミリ。注射器で埋め込むらしく、体に害のないガラスで覆われているらしい。数年もすれば心電図や脈拍なども読み取ることができるようになり健康管理に役立つとも。一方で情報が盗まれる危険があると指摘する専門家もいた。

 

 なんだかきもち悪くないですか。マイクロチップを体に入れてまでドア開けたいかな。健康管理のためにマイクロチップを体に入れたいですか。便利な面ばかり強調されていたけど、なんか意図でもあるのかな。

 どれほど先の話になるのかわたしにはわからないけど、体にマイクロチップを入れるのが当たり前の時代はくるでしょうね。はじめはなんだってすんなりとは受け入れられないですよ。それが時間の流れと、生活の変化に従って、徐々に浸透し始めます。

 携帯とかスマフォは今では当たり前。お掃除ロボや介護ロボも浸透してきてますよ。「スマートウォッチなんて絶対必要ない」なんて思っていても、周りの人たちが使っていたらなんとなく「いいかな」なんて思い始めたりします。

 それでも必要ない、なんて強がっても、それなしじゃ生活できないようにしちゃえば持たざるを得ないですよ。今から携帯やスマフォを持たない生活始められますか?

 

 世の中が、なんだか管理社会に向かっているようですね。監視社会かな。Facebookなんてホラー映画より怖いですよ。

 流れとしては、凶悪犯や性犯罪者を監視するためにマイクロチップ。ペット管理のためにマイクロチップ。老人介護のためにマイクロチップ。ここまでくればマイクロチップでなんでもできる段階になっているでしょう。ドアの開閉、健康管理は当たり前、駅改札の通過、クレジットカード機能、さらには住民票や保険証などもつけてどうだ! 生まれてくる子どもにはワクチン接種とマイクロ接種で一人ひとりにマイナンバーの完全管理監視社会の誕生。

 【81(国番号)1(性別)094(誕生地域)0394589(個人認識番号)】

 ということにならないようにわたしは願っているのですがどうなのでしょう。(ワクチン接種は自由でしょうがよくよく調べたほうがいいと思いますよ)

では今日はこんへんで

スポンサーリンク